Popular

tofubeats おすすめ人気曲TOP10!最新作「クラブ」や「LONELY NIGHTS」など10曲をご紹介

画像出典:Spotify

tofubeatsのおすすめ人気曲から10曲をランキング形式でご紹介。2003年よりインターネットを中心とした活動が注目を集め、ネットカルチャーとメジャーシーンの両方で幅広く活躍するtofubeats。プロフィールのご紹介やSpotifyの再生回数からおすすめ10曲を掲載します。

tofubeatsの人気曲 / 10位~7位

SOMEBODY TORE MY P / tofubeats

2020年3月27日、前作から約1年半ぶりにリリースされたtofubeatsの最新ミニアルバム『TBEP』の収録曲。3月20日に先行配信された自身初のインストゥルメンタルトラックとなっています。ミニアルバムのジャケットビジュアルは、岩屋民穂(GraphersRock)、山根慶丈が手掛けました。

Plastic Love / tofubeats

2019年1月に配信リリースされたtofubeatsによるカバーで、同年4月にはリマスタリング版を収録した7インチレコードも発売されたシングル。原作は言わずと知れた竹内まりやの代表的楽曲「Plastic Love」。インターネットを通して日本の70〜80’sシティポップが世界的に再評価されるきっかけとなった楽曲の一つとも言われており、ネットカルチャーと音楽の関係を象徴したカバー作品となっています。

すてきなメゾンfeat.玉城ティナ / tofubeats

2015年9月にリリースされたtofubeatsのアルバム『POSITIVE』の収録曲として発表されたシングル曲です。ミュージックビデオで、ロック、ガーリー、アーバンというバラエティ豊かなテイストに扮した玉城ティナ本人が出演したことで話題を呼びました。三井不動産レジデンシャル株式会社『モチイエ女子project』のタイアップソングとしても起用されています。

ふめつのこころ / tofubeats

2018年2月にデジタルリリースされtofubeatsのシングル曲。『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家・桂正和による代表作『電影少女』のリブート版で、西野七瀬が主演を務めたドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』の主題歌として起用されました。また、このドラマの中ではエンディングテーマとして起用されている同曲だけではなく、ドラマ内で使用されている音源の全てをtofubeatsが監修しています。

tofubeatsの人気曲 / 6位~4位

RIVER / tofubeats

2018年8月に配信リリースされたtofubeatsのシングル曲。この楽曲は東出昌大唐田えりかが出演する映画『寝ても覚めても』の主題歌として起用され、唐田えりかが出演するMVも話題となりました。芥川賞作家の柴崎友香が原作の小説を書いており、大人の恋愛映画の雰囲気に合わせた歌詞に仕上がっています。

Keep on Lovin’You / tofubeats

2019年5月にリリースされたtofubeatsのシングル曲。サントリー食品『サントリー天然水 GREEN TEA』とコラボレーションし、デジタルシングルとしてリリースされました。「Keep on Lovin’You」は、徒然草の第150段をtofubeatsが解釈をしなおして歌詞にしたラブソング。タイアップのイメージとマッチした、爽やかで清いトラックとなっています。

水星(Young & Fresh mix)仮谷せいら / tofubeats

2012年6月にリリースされた、tofubeatsの「水星」のオリジナルミックスバージョン。ボーカリストにシンガーソングライター・仮谷せいらを迎え、リミックスバージョンで発表されました。仮谷せいらによるあどけないフロウやユルい合いの手が魅力的で、メロディーの切なさも相まって絶妙な空気感を生み出しているキラーチューンです。

tofubeatsの人気曲 / 3位~1位

クラブ / tofubeats

2020年3月27日にリリースされた最新ミニアルバム『TBEP』の収録曲で、ミニアルバムリリースに先駆け3月13日に先行配信が開始された楽曲。tofubeats自身がメインで歌唱し、シンガーソングライター・kiki vivi lilyをコーラスに迎えています。エフェクトがかかったkiki vivi lilyのソフトなコーラスが魅力的な、メロウ・ダンスチューンです。

水星(Original mix)feat.オノマトペ大臣 / tofubeats

2012年6月にリリースされたtofubeatsの代表的楽曲。2013年4月にリリースされたtofubeatsのファーストアルバム『lost decade』に収録されて以降、さらに注目が高まった作品です。ユニット・PR0P0SEでも活動をするオノマトペ大臣をラッパーに迎えています。1996年にリリースされているTOWA TEI今田耕司の音楽プロジェクト KOJI1200の『ブロウ ヤ マインド 〜アメリカ大好き』を元にしたサンプリング手法を使って制作されています。

LONELY NIGHTS / tofubeats

2017年5月にリリースされたtofubeatsのアルバム『FANTASY CLUB』の収録曲。YOUNG JUJUKANDYTOWN)をラッパーとして招いています。ミュージックビデオの映像での、知り合いに会えばその人をピックアップして車を走らせていく内容とは逆に歌詞は孤独な夜を歌っており、孤独をポジティブに捉えた表現が多くの共感を生みました。