the future magazineが復刊 ヨギー、PAELLAS、栁俊太郎など貴重な過去インタビューも再公開

15年1月にスタートし、16年7月の更新を最後に休止していたwebマガジン『the future magazine』がDIGLE MAGAZINE内で復活することとなった。当時公開されていた記事も再公開され、1月からは新たな記事コンテンツが展開される。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

Yogee New Waves『PARAISO』5周年イベントがWWWXで開催、アナログ盤再発も

Yogee New Wavesによるイベント『5th Anniversary Paradis? 〈HOW DO YOU FEEL ABOUT PARAISO?〉』が、9月10日に東京・渋谷のWWWXで開催される。

KANDYTOWNのNeetzがアネッサCM曲「Summertime」リミックス音源を公開

資生堂『アネッサ』CMソングで話題のRIRI, KEIJU, 小袋成彬「Summertime」を、KANDYTOWNのNeetz (ニーツ)がリミックスした楽曲が本日7月17日(水)より配信スタート。 RIRI, KEIJU, Julia Wuの声が1曲にリミックスされ、日本、台湾と国境を越えたコラボが実現。

nobuses

「音楽を作るときくらいは何にも縛られず自由でいたい」退屈な日々を突き破れー No Buses|the future magazine

それは懐古主義やノスタルジーの地平とは違う、鬱屈とした感情の発露として鳴らされる音楽だった。現役大学生のガレージロックバンドNo Busesは、足元のエフェクターボードを見つめ、ナンセンスなユーモアを仲間と共有しながら自分達のコスモを作りあげた。これまでシングルやepのみの発売でありながらインターネットの海に流れた音楽は世界へと広まった。彼らが抱く退屈さを突き破ろうと邁進する音楽のフィーリングに耳をすませば、何が浮かび上がるのだろう。今の20代が抱える諦念か、音楽に身を賭すことに託した願いか。

RIRI, KEIJU, 小袋成彬『Summertime』を台湾で活躍中のシンガー・Julia Wuがカバーした『Summertime (Julia Wu Mix)』配信スタート

資生堂「アネッサ」CMソングで話題のRIRI, KEIJU, 小袋成彬「Summertime」を台湾で活躍中の若手実力派中国系オーストラリア人シンガー・Julia Wuがカバーした「Summertime (Julia Wu Mix)」が本日6月26日(水)配信スタート。台湾で撮影されたMVもYouTubeでフル公開。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

閉じる