Album

クリープハイプ全アルバム解説!「泣きたくなるほど嬉しい日々に」、「世界観」など全作品をご紹介

画像出典:Spotify

クリープハイプの最新・人気アルバムを徹底解説。尾崎世界観による独特な歌詞と疾走感のあるメロディに切ない歌声を乗せ、10代〜20代を中心に共感を呼ぶクリープハイプ。プロフィールのご紹介やメジャーアルバム全6作品を掲載します。

クリープハイプの人気曲トップ10

クリープハイプのプロフィール

Profile

クリープハイプ

2001年に結成され、2012年4月にメジャーデビューした4人組ロックバンド。
1stシングル「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」2ndシングル「社会の窓」が初登場でオリコンチャート10位以内にランクインし、3rdシングル「憂、燦々」は資生堂のCMに提供された。
東京メトロ「Find me Tokyo.」のCMに書き下ろし、ロックバンドKANA-BOONのボーカル谷口鮪とコラボした「陽」や、TVアニメ「亜人」のテーマソング「校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな」、菅田の将暉の主演映画『帝一の國』の主題歌「イト」など数多くのタイアップもされている。
2014年の初の日本武道館ライブは2デイズ公演で行われその人気ぶりをうかがい知ることができる。
尾崎世界観はSMAPへの楽曲提供や、尾崎世界観が原案、クリープハイプが音楽を手がけた映画「自分のことばかりで情けなくなるよ」の映画公開、半自伝『祐介』をはじめとする小説も書き、多彩な活動をしている。