Popular

Mr.Children(ミスチル)厳選人気曲10曲 | ファンが聴くのはこの10曲!

画像出典:Spotify

1989年結成の4人組ロックバンド、ミスチルことMr.Children。2019年5月でデビュー27周年を迎えたミスチルの人気曲10曲をご紹介。20作を超えるミリオンセラーの数々や、カラオケの定番曲となっている曲など多数の名曲が並びます。隠れた名曲も多いミスチルの厳選人気曲をお楽しみください。

Mr.Children人気曲 / 7位~10位

Sign / Mr.Children

2004年5月26日に発売された26枚目のシングルでTBS系ドラマ『オレンジデイズ』の主題歌として書き下ろされました。歌詞の内容もドラマに沿ったものとなっていますが直接の表現はなく、この時期の桜井和寿の心情が表れていると言われています。ミュージック・ビデオの監督は大喜多正毅が務め、メンバーのスタジオ演奏の映像とシンプルな内容となっています。CM用に撮られたものが良かったのでそのままミュージック・ビデオとなったもので、結果的に素朴で温かいこの曲にあったものになっています。

GIFT / Mr.Children

2008年7月30日にリリースされたMr.Childrenの32ndシングル曲。NHK北京オリンピック・パラリンピック放送テーマソングに起用され、その後もCMソングとしても使用されました。”白と黒のその間に無限の色が広がってる”と優しく歌う桜井和寿の声に勇気づけられた選手たちも多いことでしょう。同年のNHK紅白歌合戦ではバンド初となる出場を果たし、この曲をお茶の間に届けました。

足音 ~Be Strong / Mr.Children

2014年11月19日にリリースされたMr.Childrenのシングル収録曲。Mr.Childrenとして、2001年の『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』以来、約13年ぶりに月9ドラマタイアップ曲で、同年10月よりフジテレビ系列で放送された小栗旬の主演ドラマ『信長協奏曲』の主題歌に起用されました。ギターボーカル・桜井和寿は同作の制作にあたり、作り上げた数十曲のデモ音源をもとに、1年以上にわたってスタジオレコーディングを続けたというエピソードがあります。

しるし / Mr.Children

2006年11月15日にリリースされたMr.Childrenの29thシングル曲。「Sign」以来、2年ぶりにドラマ主題歌に起用され「14才の母」の主題歌となりました。ドラマは、当時14歳だった女優・志田未来が主役を務める社会的ドラマ で一大ムーブメントに。 “「愛」を知る、すべての世代に贈る”と謳われた7分超の極上ラブバラード大作です。