Popular

B'z(ビーズ)厳選人気曲10曲 | ファンが聴く、名曲揃いの10曲をご紹介

画像出典:Spotify

2019年、20周年を迎える『SUMMER SONIC』にて日本人初のヘッドライナーを務めることが決定しているB'z。力強いサウンドと脅威のハイトーンボイスが刺激的なB'zのおすすめ人気曲からランキング形式で10曲をご紹介。ライブで人気の曲やカラオケで盛り上がる曲など、YouTubeの再生回数からランキング形式でおすすめ10曲を掲載します。

B’zオススメ代表曲

B’z人気曲 / 1位~3位

イチブトゼンブ / B’z

2009年8月5日にリリースされた46作目のシングル『イチブトゼンブ/DIVE』の収録曲。本楽曲はフジテレビ系月曜9時ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』のために書き下ろされた楽曲でB’z初の月9ドラマ主題歌です。また、オリコン週間シングルチャートでは1990年発売の5thシングル「太陽のKomachi Angel」以来42作連続通算42度目、20年連続での1位獲得となりました。B’zらしいロックなサウンドとミディアムテンポのビートが印象に残る作品です。

ultra soul / B’z

2001年3月14日にリリースされた31作目となるシングル。B’zが21世紀に発売したシングルの中では初動・累計共に最高の売上を記録しており、17thシングル「love me, I love you」以来、約6年ぶりにオリコンチャート2週連続1位を獲得しました。また本楽曲は2001年世界水泳選手権のテーマ曲として起用されて以来、アレンジバージョンの「ultra soul 2011」を含め世界水泳の定番曲として、さらには様々なスポーツシーンで耳にすることが多く、joysoundカラオケランキングで1位となるなど、テンションの上がる曲として親しまれているB’zの代表曲です。

BAD COMMUNICATION / B’z

1989年10月21日に発売された1枚目のミニアルバム『BAD COMMUNICATION』の収録曲。富士通『FM TOWNS』のCMソングに起用され、本楽曲でB’zとしてのテレビ番組初出演となりました。人について理解するためにコミュニケーションが大切であることを歌っており、タイトルについて稲葉は「半端じゃない、生半可じゃないコミュニケーションと言う意味で使いたかった」と語っています。紙を破る音など様々な音がサンプリングされており、ロックでダンサブルな楽曲をさらに華やかに彩っています。