Popular

【必聴】King Gnu人気曲20選。初心者ならまず聞いておくべき厳選人気曲をご紹介。

画像出典:Spotify

King Gnuのおすすめ人気曲ランキング。トーキョー・ニュー・ミクスチャーとして若い世代を席巻しているKing Gnu。「白日 」など定番曲3曲や、TVCMやドラマでおなじみの曲、最新アルバムからの曲もご紹介。楽曲のエピソードやバンドプロフィールもご紹介します。

その他のKing Gnu人気曲

Tokyo Rendez-Vous / King Gnu

2017年10月25日にリリースされたKing Gnu名義の1枚目のオリジナルアルバム『Tokyo Rendez-Vous』のタイトルトラック。前作以上にサビや歌モノの曲構成であることに焦点が向けられるようになった作品で、常田大希井口理のツインボーカルによる立体感や、タイトルである「トーキョーランデブー」を繰り返すコーラスが印象的です。

Don’t Stop the Clocks / King Gnu

『Sympa』収録曲。アコースティックギターとストリングスの静寂なパートからはじまるスロウバラード。インストを除くと曲中最後までドラムが入らない楽曲はアルバムでこの楽曲のみとなっています。重厚なバンドアレンジの楽曲が大半を占めているなかで、アコースティックサウンドと井口理の綺麗な歌声にフィーチャーされた同曲はシンプルながら鮮烈。

Hitman / King Gnu

『Sympa』収録曲。テニスプレイヤーの大坂なおみが出演したANAのグローバルCMのCMソングに起用されました。CM映像はANAの公式Youtubeチャンネルにて公開されています。スロウなテンポでしっとりとした歌を聴かせる、アルバム中盤でポイントとなる楽曲です。

Flash!!! / King Gnu

2018年7月13日に恵比寿LIQUIDROOM、7月16日に大阪Shangri-Laでワンマンライブ<Flash!!!>を開催し、恵比寿公演と同日の7月13日に配信限定シングルとしてリリースされた楽曲。アルバム 『Sympa』にも収録されています。リリース以前からライブで披露されており、オープニングを飾ることも多いライブアンセム。ライブで披露されはじめた当初はサビが無い別バージョンで、少しずつブラッシュアップされた結果今のアレンジになりました。

it’s a small world / King Gnu

『Sympa』収録曲。ミュージックビデオは他楽曲と同様、PERIMETRONが制作。キーボードボーカルの井口理がマスク姿の男を演じ、ベンチを中心とした定点の映像でストーリーが展開されます。舞台役者としても活動する井口理の演技がファンを中心に話題を呼びました。