Popular

東方神起 おすすめ人気曲TOP10!ファンが選ぶ10曲ほか、代表曲3曲などご紹介

画像出典:Spotify

東方神起のおすすめ人気曲からランキング形式で10曲をご紹介。2003年に5人組ボーカルグループとしてデビュー以降、メンバーの脱退を経て現在は2人組で活動している、K-Pop旋風幕開けのアーティスト、東方神起。プロフィールのご紹介やSpotifyの再生回数からおすすめ10曲を掲載します。

東方神起 人気曲 / 10位~7位

Guilty / 東方神起

2019年10月に日本デビュー15周年を記念して発売されたアルバム『XV』の11曲目に収録されたアルバムリード曲。ニュージランドの民族舞踊“ハカ”を彷彿させる、エネルギッシュでハードなダンスパフォーマンスが魅力的なMVも必見です。アルバムはオリコン週間アルバムチャートで初登場1位、東方神起は“海外のアーティストでアルバムチャート1位を獲得した作品数が1番多い”アーティストとなっています。(2019年10月時点)

Hello / 東方神起

2019年10月に日本で発売されたアルバム『XV』の1曲目に収録された楽曲で第35回東日本女子駅伝競走大会テーマソング。作曲はHi-yunk名義で楽曲提供をしている、バンド・BACK-ONのボーカル、KENJI03によるものです。掛け声のように重なる「Hello」のサビの部分が印象的で、アルバムの1曲目に相応しいアッパーチューンになっています。

どうして君を好きになってしまったんだろう? / 東方神起

2008年7月にリリースされたシングル『どうして君を好きになってしまったんだろう? 』のタイトルトラック。Spotifyの東方神起人気曲TOP10にはRe-recording version(再録版)がランクインしています。2006年8月リリースの「Sky」、2007年8月リリース「Summer Dream」に次ぐサマーチューンシングル。直球なメッセージでインパクトの強いタイトルが注目を集め、東方神起の知名度上昇に拍車をかけました。

Catch Me / 東方神起

2014年5月に発売されたライブアルバム『The 4th World Tour “Catch Me” Live Album』に収録された楽曲。2012年9月に韓国で発売されたアルバム『CATCH ME』の1曲目に収録されたタイトルトラックのライブバージョンです。東方神起の代表曲の1つでもあり、エレクトロ、ダブステップ、ハウス、ストリングスなどの要素がありながらもポップに仕上がった楽曲で、日本語バージョンも存在。合間に入るファンの掛け声など、ライブバージョンならではの臨場感に注目です。