Popular

カネコアヤノのおすすめ人気曲ランキング!「光の方へ」「愛のままを」など10曲をご紹介

画像出典:Spotify

カネコアヤノのおすすめ人気曲から10曲をランキング形式でご紹介。ネオ昭和を感じる令和の若手シンガーソングライター、カネコアヤノ。プロフィールのご紹介やSpotifyの再生回数からおすすめ10曲を掲載します。

カネコアヤノの人気曲 / 10位~7位

花ひらくまで

2019年9月18日にリリースされた4枚目のオリジナルアルバム『燦々』の1曲目に収録されている「花ひらくまで」。

3枚目のアルバム『祝祭』制作後にすぐできた曲で、元々4枚目のアルバム1曲目にする予定はなく1年ほどねかした後、サポートメンバーがアレンジし、それを聴いて1曲目にすることが決定した作品だとのこと。短い曲ですがファルセットを多用し、カネコアヤノが一人で三声重ねてコーラスしています。独特な情緒を感じさせる歌詞と、メロディが相変わらず昔の昭和ののどかさを感じさせるような雰囲気でいつ聴いてもほっこりします。CDバージョンもいいですが、ラジオで演奏した弾き語りバージョンも素敵です。

ぼくら花束みたいに寄り添って

2019年9月18日にリリースされた4枚目のオリジナルアルバム『燦々』の10曲目に収録されている「ぼくら花束みたいに寄り添って」。

悲しく暗いニュースが多い中で、そっと寄り添いあって過ごしている恋人たちの姿を綴った素朴なラブソングです。忙しく過ぎていく毎日の終わりに、この歌を聴くと本当に癒されつつ、その力強い歌声に明日も頑張ろうと思える、そんな1曲です。ドラムで始まる印象的なイントロや、サポートメンバーが奏でるギターアレンジもかなり魅力的です。ミュージック・ビデオは、レコーディングスタジオのライブ演奏の様子で構成され、パワフルに歌うカネコアヤノの姿にぐっときます。

布と皮膚

2019年9月18日にリリースされた4枚目のオリジナルアルバム『燦々』の3曲目に収録されている「布と皮膚」。

元々は2019年1月10日にリリースされた7インチアナログ盤シングル『明け方/布と皮膚』のみを一部店舗、オフィシャルショップ、ライブ会場限定で販売していたもので、2019年1月に行われた単独公演<さいしん>の開催にあわせてリリースされました。眠れない夜の出来事を歌っていて、カネコアヤノの楽曲では珍しいトロンボーンやフルートの音色がメロディに明るくキャッチーさを加えている曲で、カネコアヤノ本人のコーラスも聴きどころの一つです。

かみつきたい

2019年9月18日にリリースされた4枚目のオリジナルアルバム『燦々』の2曲目に収録されている「かみつきたい」。

4枚目のアルバム収録のためにカネコアヤノが書き下ろした楽曲で、イントロのほんわかしたドゥーワップコーラスが曲の雰囲気を盛り上げてくれるカントリーポップナンバーです。タイトルにもなっている「かみつきたい」というインパクトのある言葉から始まり、「~したい」と欲望を綴った可愛らしくユーモアのある歌詞に、思わずほっこりしてしまいます。普段のライブで楽に演奏できるような曲が欲しくて作られた曲なんだそうです。