日本で最も聴かれたアーティスト1位はBTS(防弾少年団)!2018年日本で最も再生されたアーティスト別ランキング50

Ranking

文: 斎藤加織 

Spotifyが2018年日本国内で最も再生されたアーティスト別ランキングを発表。トップ20をピックアップしてご紹介。

2018年『Top Artists of 2018 Japan』総まとめ ランキング・トップ20から発表

20位:カタオモイ / Aimer

数々のTVアニメやドラマのタイアップをリリースし、2016年9月にリリースされたアルバム『daydream』では内澤崇仁(androp)/Taka(ONE OK ROCK)/野田洋次郎(RADWIMPS)/TK from 凛として時雨など豪華な布陣がプロデュースに入るなど話題をさらったAimerが20位にランクイン。2019年1月9日(水)にリリースされる新曲「Sailing」もフジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』の主題歌に決定しています。

19位:空 / GENERATIONS from EXILE TRIBE

2012年11月にシングル『BRAVE IT OUT』でメジャーデビューしたGENERATIONS from EXILE TRIBEが19位にランクイン。LDH所属アーティストの中でトップ50にはGENERATIONS from EXILE TRIBEのほか、27位にEXILE、33位に三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが入っています。
プレイリストではコーラス・ヴォーカルグループDEEPのカバーで、GENERATIONSメンバーの片寄涼太が出演した2017年6月公開の映画『兄に愛されすぎて困ってます』の主題歌に起用された「空」をピックアップ。

18位:Closer / ザ・チェインスモーカーズ

アメリカ合衆国ニューヨーク市を拠点とするDJ/プロデューサー/ソングライターのデュオで2014年にリリースした「#SELFIE」が爆発的ヒットとなった、ザ・チェインスモーカーズが18位にランクイン。プレイリストでピックアップしている2016年リリースの「Closer」はSpotifyでの再生回数で14億回を突破し、YouTubeで公開されているMVの再生回数は22億回(2018年12月13日現在)を超えている自身最大のヒットソング。


17位:陽炎 – movie version / サカナクション

2018年2月に3作品連続リリース計画を発表したサカナクションが17位にランクイン。これまでベストアルバム『魚図鑑』、昨年幕張メッセで行われた6.1chサラウンドライブのLIVE Blu-ray&DVDがリリースされ、第3弾として前作『sakanaction』以来、約5年ぶりとなるニューアルバムがリリースされる予定です。

16位:はじまりの予感 / ケツメイシ

2018年10月に2年ぶりのオリジナルアルバム『ケツノポリス11』をリリースしたケツメイシが16位にランクイン。ケツメイシはTVアニメ『深夜!天才バカボン』のエンディングテーマ、『プリンスホテル 2018 Do! 夏プリ』ドッグフード『モグワン』のCMソングなどタイアップ作品のリリースが続いています。2018年10月にはメットライフドームにて自身初のドームライブを開催しました。

15位:What Lovers Do(feat.SZA) / マルーン5, SZA

2019年2月25日(月)に東京ドームにて<RED PILL BLUES TOUR>の来日公演を控えているマルーン5が15位にランクイン。2018年11月には来日を記念して、最新アルバム『Red Pill Blues』に最新リミックスや過去のヒット曲を追加した来日記念盤『Red Pill Blues +』がリリースされました。

14位:愛唄 / GReeeeN

14位は「キセキ」(2007年)、「愛唄」(2008年)が国民的ヒットを記録し、リリースより10年たった現在でも多くの人に愛されているGReeeeNが14位にランクイン。2019年1月25日(金)には名曲「愛唄」を映画化した映画『愛唄 -約束のナクヒト-』が全国公開される予定。主題歌「約束 × No title」もGReeeeNが書き下ろしており、映画公開直前の1月23日(水)にリリースされます。

13位: Delicate / テイラー・スウィフト

2018年11月に3年振りに東京ドーム公演を開催したテイラー・スウィフトが13位にランクイン。2017年にリリースされたアルバム『reputation』収録曲である「Delicate」のSpotify再生回数は2.2億回(2018年12月12月現在)を超えています。テイラー・スウィフトが自由と孤独、心に抱える葛藤を繊細に美しく演出したMVも話題になりました。


12位:君はロックを聴かない / あいみょん

昨年から大躍進を遂げ、『第69回NHK紅白歌合戦』へ出演も決定するなど国民的アーティスト、そしてストリーミングサービス世代の女王となったあいみょんが12位にランクイン。音楽シーンだけでなく、ファッションシーンからも新世代のアイコンとして注目されているあいみょんの2019年の活躍にも期待が高まります。

11位:Finesse(Remix)[feat.Cardi B] / ブルーノ・マーズ

2016年にリリースした『24K Magic』で2018年のグラミー賞をほぼ独占したブルーノ・マーズが11位にランクイン。Cardi Bをフィーチャリングに迎えた「Finesse(Remix)[feat.Cardi B]」のMVは90年代前半のコメディ番組『In Living Color』へのオマージュが散りばめられていることでも注目を集め、その再生回数は5.2億を突破しています。(2018年12月13日現在)


次ページ:no tears left to cry / アリアナ・グランデ

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる