最新カラオケ人気曲ランキングをプレイリストで!2019年2月ベスト50|Karaoke Hits

Total

文: Kou Ishimaru 

SpotifyとDAMが毎月最新のカラオケ人気曲ランキングをプレイリストで発表。10代〜20代、男性女性問わず、みんなが知ってる曲だらけのプレイリストでカラオケの練習をすれば盛り上がること間違いなし!

2019年2月のカラオケ人気曲ランキング・トップ20から発表

20位:アイノカタチ(feat.HIDE GReeeeN) / MISIA

デビュー20周年を迎えたMISIAが、2018年第1弾として発表したGReeeeNとの初のコラボレーション楽曲。GReeeeNが作詞作曲が担当し、メンバーのHIDEがコーラスにも参加、編曲に亀田誠治を迎えるという、J-POP界の豪華制作陣が名を連ねた大作です。TBS系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』の主題歌にもなっており、配信されるやいなやiTunes、レコチョク、moraなどの主要配信チャートで軒並み1位を獲得、オリコン週間デジタルシングルランキングでも1位を記録しています。2018年12月31日に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』にも出演し、圧巻の歌唱力で同曲を披露しました。


19位:貴方解剖純恋歌〜死ね〜 / あいみょん

2015年3月にタワレコ限定でリリースされた、あいみょんのインディーズデビューシングル。「あなたの両腕を切り落として 私の腰に巻き付ければ/あなたはもう二度と 他の女を抱けないわ」という刺激の強い歌詞やその歌詞をLINEで再現して作ったリリックムービーが話題を呼んだ衝撃のデビュー作です。テレビやラジオではオンエアNGを出されていたにもかかわらず、オリコンインディーズチャートトップ10入りを果たしました。


18位:3月9日 / 藤巻亮太

レミオロメンの代表的楽曲「3月9日」を、同バンドのボーカルであり作詞作曲をした藤巻亮太がセルフカバーしたトラック。2017年の3月1日より主要音楽配信サイトでリリースされています。CMソングとして起用された大塚製薬「カロリーメイト」のCM「夢の背中」編が反響を受け、CMのフルバージョンがYouTubeおよびGYAO!で期間限定配信もされました。曲のテーマである「3月9日」が卒業式シーズンであることから、小中学校では卒業ソングとして歌われることも多いですが、元々はメンバー3人の共通の友人の結婚式を祝うために作られたウェディングソングです。

17位:I LOVE YOU / クリス・ハート

日本テレビ系列のテレビ番組『のどじまん ザ!ワールド』での優勝からデビューを果たし、木山裕策「home」のカバーをはじめ数々のカバー曲が話題となったアメリカ系日本人歌手クリス・ハートの初オリジナルシングル。2014年3月にリリースされたオリジナルアルバム『Song for You』にも収録されています。2018年には“サブスクリプション世代”の歌姫との呼声高い女性シンガーソングライター、FUKIによってカバーされ、再び注目を集めています。


16位:アイネクライネ / 米津玄師

今やJPOPシーンの頂点に君臨する米津玄師が2014年4月23日にリリースした記念すべきメジャー1枚目のアルバム『YANKEE』の収録曲。公開されているMVの再生回数は1.8億回を突破しており(2019年3月6日現在)、発表から4年以上経過した現在でも日本のヒットチャートに長らく名前を残し続ける、米津玄師の代表曲です。

※オリジナルがSpotifyにないため、プレイリストではカバー曲を使用しております。

15位:ひまわりの約束 / 秦基博

2014年8月6日にリリースされた秦基博の17枚目のシングル。同年公開の東宝系3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌。国民的アニメとのタイアップ作品ということもあり、幅広い世代の人から愛されている名曲で、8月18日付のオリコン週間ランキングでは初動1.2万枚を売り上げ、自身最大のヒット曲となっています。

14位:今夜このまま / あいみょん

日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』の主題歌で2018年11月14日にリリースされた6枚目のシングル。配信開始されて以降、SpotifyのSNSで人気だった曲を集めた「バイラルチャート50(日本)」や再生数の上昇率で人気ランキングが決まる「Spotify Japan 急上昇チャート」に連日1位にランクインするなど、各方面から圧倒的な人気を誇っており、テレビでの全国放送、SNS、サブスクリプションサービスとマスメディアからインターネットまで幅広いメディアを通して影響力を持った作品と言えるでしょう。公開されているMVの再生数は2900万回を突破しています。(2019年3月6日現在)


13位:MONGOL800 / 小さな恋のうた

2001年9月16日にリリースされたMONGOL800のインディーズデビュー後2枚目のアルバム『MESSAGE』のリードトラック。2000年前後のインディーズバンドブームの時期に誕生した名曲で新垣結衣倖田來未沢知恵など数々のアーティスト、俳優、タレントからカバー作品がリリースされました。また、いまでも学生によるコピーバンドで最初にセッションする定番曲にもなっています。2007年に放送されたフジテレビ系人気ドラマ『プロポーズ大作戦』の挿入歌にも起用されたことでより若い世代へと浸透していきました。みんなで盛り上がること間違いなしの王道カラオケソングです。

12位:君はロックを聴かない / あいみょん

2017年8月2日にリリースされたメジャー3枚目のシングル。2018年1月に放送されたテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』で人気プロデューサー、いしわたり淳治蔦谷好位置が“2017年のベストソングランキング”のトップ10にあいみょんを選び、絶賛したことで、あいみょんの名前が一気にお茶の間へ浸透、あいみょんの大ブレイクのきっかけとなった1曲です。今現在もSNS上で「#君はロックを聴かない」のハッシュタグがついたカラオケ動画、漫画、カバー、パロディなどのオマージュコンテンツが流行し、爆発的にあいみょんの名が拡散され続けています。

11位:奏(かなで) / スキマスイッチ

長澤まさみ速水もこみちが主演を務めた映画『ラフ ROUGH』(2006年公開)の挿入歌、映画『一週間フレンズ。』(2017年公開)の主題歌のほか、数々のドラマ、CMのタイアップに起用されているスキマスイッチの代表曲。2004年3月10日にリリースされた2枚目のシングル作品で自身最大のヒットソングです。卒業ソングとしても多くの人から親しまれており、今の時期にぴったりな1曲。

次ページ:20位以降のカラオケ人気曲ランキング

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる