Album

ケツメイシ全アルバム解説!「ケツノポリス11」、「KETSUNOPOLIS 10」など全作品をご紹介

画像出典:Spotify

ケツメイシの最新・人気アルバムを徹底解説。デビュー当時から変わらないスタンスで、親しみやすいメロディとラップサウンド、楽しさを全面に表現した歌が男女ともに人気を集めるケツメイシ。プロフィールのご紹介やアルバム全16作品を掲載します。

ケツメイシの最新・人気アルバムを解説


ケツメイシ 11th〜9th オリジナルアルバム

ケツメイシ 11thアルバム『ケツノポリス11』

2018年10月にリリースされた『ケツノポリス11』。テレイビアニメ『深夜!天才バカボン』エンディングテーマの「風は吹いている」、『たまひよ』CMソングの「ライフ」、『ドッグフート「モグワン」』CMソングの「旅に出よう」などが収録されています。そのほか大地や空気、自然が感じられる和風なやさしいサウンドが印象的な「なみだ川」や、ムーディーなサックスが使われていて、アダルティなヒップホップ曲「大東京」など、ジャケットがインディーズアルバムと同じホワイトカラーで表記もカタカナに戻るなど、新たな原点に立つ決意が感じられる1枚となっています。

ケツメイシ 10thアルバム『KETSUNOPOLIS 10』

2016年10月にリリースされた『KETSUNOPOLIS 10』。

メジャーデビュー15周年の記念もかねて制作された本アルバムには、『DHC F1 スキンケア』CM曲の「さらば涙」、映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌の「友よ 〜 この先もずっと…」、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』主題歌の「僕らのために…」、懐かしさを感じさせるピアノのリフレインから始まり、郷愁を誘う「エターナリー」、などが収録されています。そのほか「ボサノBAR」はラテン系、「ディスコ☆部長」はトランス系と、ジャンルにとらわれずケツメイシ独特のストレートで心地よい歌詞が印象的なアルバムです。

ケツメイシ 9thアルバム『KETSUNOPOLIS 9』

2014年7月にリリースされた『KETSUNOPOLIS 9』。

テレビドラマ『ダブルス〜二人の刑事』エンディングテーマの「月と太陽」、『ASHWORTH』ブランドミュージックの「カリフォルニー」、バラエティ番組『お願い!ランキング』6月度エンディング曲の「RHYTHM OF THE SUN」などが収録されています。全15曲とボリューミーなアルバムで、ノリのいいダンスナンバーから哀愁感のあるバラードまでバラエティ豊富な作品です。

ケツメイシ 8th〜6th オリジナルアルバム

ケツメイシ 8thアルバム『KETSUNOPOLIS 8』

2012年12月にリリースされた『KETSUNOPOLIS 8』。

バラエティ番組『お願い!ランキング』7月度エンディング曲、『H.I.S』CMソングの「LOVE LOVE Summer」、『NATURAL BEAUTY BASIC』CMソングの「guruguru」などが収録されています。エレクトロサウンドやクラブサウンドを取り入れ、新しいケツメイシを感じられる作品です。

ケツメイシ 7thアルバム『ケツノポリス7』

2011年3月にリリースされた『ケツノポリス7』。『東京電力』CMソング、テレビドラマ『ハガネの女 season2』挿入歌の「君とつくる未来」、同テレビドラマ主題歌の「仲間」、テレビ『スッキリ!!』2011年2月テーマソングの「バラード」などが収録されています。「戦え!サラリーマン」や「現実は戦場」では現代を風刺したような歌詞が特徴で、メッセージ性の強い曲が揃ったアルバムです。

ケツメイシ 6thアルバム『ケツノポリス6』

2008年6月にリリースされた『ケツノポリス6』。映画『陰日向に咲く』主題歌の「出会いのかけら」、カップリング曲の「カーニバル」、シングル曲の「冬物語」などが収録されています。和田聰宏松岡音々が出演する「バラード」のMVは”叶わない恋”をテーマに描かれており、エモーショナルな曲と共に人生観を見つめ直せるアルバムです。

ケツメイシ 5th〜3rdオリジナルアルバム

ケツメイシ 5thアルバム『ケツノポリス5』

2007年8月にリリースされた『ケツノポリス5』。『資生堂 ANESSA』CMソングの「また君に会える」、『JR東日本 JRグループ設立20周年記念』CMソング、NHKドラマ『小暮写眞館』主題歌の「トレイン」ゲーム『龍が如く 見参!』エンディングテーマ曲の「ライフ イズ ビューティフル」など全15曲が収録されています。

ケツメイシ 4thアルバム『ケツノポリス4』

2005年6月にリリースされた『ケツノポリス4』。本アルバムには、2017年の映画『ReLIFEリライフ』のエンディングテーマとしてシンガーソングライターの井上苑子がカバーした名曲「さくら」、『ボーダフォン』CMソングの「君にBUMP」、シングル曲の「涙」などが収録されています。全体的に人情深く、ハートフルな楽曲を多く収録した作品となっています。

ケツメイシ 3rdアルバム『ケツノポリス3』

2003年10月にリリースされた『ケツノポリス3』。『日本ハム シャウエッセン』CMソングの「はじまりの合図」、『ボーダフォン』CMソングの「夏の思い出」などが収録されています。結婚定番ソングでもある「幸せをありがとう」はDJ KOHNOの結婚式のために作った曲でしたが、当日に間に合わなかったというエピソードも。「花鳥風月」はピアノメインのバラード曲で、包み込むような優しいサウンドとストレートな歌詞が印象的です。

ケツメイシ 2nd〜1st オリジナルアルバム

ケツメイシ 2ndアルバム『ケツノポリス2』

2002年4月にリリースされた『ケツノポリス2』。シングル収録曲の「手紙 過去〜」、「手紙~現在~」「手紙〜未来」、「よる☆かぜ」、テレビ『JAPAN COUNTDOWN』エンディングテーマの「トモダチ」などが収録されています。「手紙」3部作が一気に聴ける充実したラインナップで、ケツメイシの心地よいラップサウンドが楽しめます。

ケツメイシ 1stアルバム『ケツノポリス』

2000年12月にリリースされたケツメイシの原点と言っても過言ではない『ケツノポリス』。『GAZOO.com』CMソングの「こっちおいで」、インディーズシングルの「もっと」、「S/S」などが収録されています。PVも作成された「ビールボーイ」はレゲエ調のセミバラード曲で、「雨」は失恋がテーマになった曲となっています。若さがあふれる彼らの歌声とサウンドが初々しい1枚に仕上がっています。

ケツメイシ ベストアルバム

ケツメイシ ベストアルバム『ケツの嵐 〜春BEST〜』

2011年12月にリリースされた『ケツの嵐』。シングル曲の「はじまりの合図」、「トレイン」、「さくら」などが収録されています。各アルバムケツノポリスから「三十路ボンバイエ」や「子供たちの未来へ」が入るなど、充実したラインナップとなっています。新しい生活にケツメイシが背中を押してくれるような、春らしい温かい曲が詰まったアルバムです。

ケツメイシ ベストアルバム『ケツの嵐 〜夏BEST〜』

2011年12月にリリースされた『ケツの嵐 〜夏BEST〜』。シングル曲の「ドライブ」、「ビールボーイ」、「カーニバル」などが収録されています。アルバム初収録の「リゾラバ」や「海」なども収録され、曲順もケツメイシらしいところがポイント。パワフルでノリの良いサウンドが中心で、夏を満喫できるアルバムです。

ケツメイシ ベストアルバム『ケツの嵐 〜秋BEST〜』

2011年12月にリリースされた『ケツの嵐 〜秋BEST〜』。シングル曲の「涙」、「バラード」、「旅人」などが収録されています。アルバム収録曲やシングル曲が多い中、テレビドラマ『ハガネの女 season2』の主題歌の「こだま」は初収録です。ノスタルジックな曲がそろえられていて、秋の爽やかな空気の中で聴きたくなるアルバムです。

ケツメイシ ベストアルバム『ケツの嵐 〜冬BEST〜』

2011年12月にリリースされた『ケツの嵐 〜冬BEST〜』。シングル曲の「こっちおいで 」、「戦え!サラリーマン」、「出会いのかけら」などが収録されています。年末のパーティーを感じさせるノリの良い曲や切ない恋愛を歌った曲などの中にポップなブラスセクションの「闘え! サラリーマン」も入り、バラエティに富んだ冬のアルバムとなっています。

ケツメイシ ミニアルバム

ケツメイシ アルバム『KTMusic』

2015年2月にリリースされた『KTMusic』。『トーヨータイヤ「OBSERVE GARIT GIZ」』新CFイメージソングの「#Music」などが収録されています。KTMusicはケツメイシとオーディションで選出されたメンバー、1 FINGER(ワンフィンガー)で構成されるプロジェクト。1 FINGERによるリードトラックの「Change The World」や「時代」のほか、KTMusicとしての「いつもの店で…」も必聴です。

ケツメイシの人気曲トップ10