Album

T.M.Revolutionアルバム解説!「2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-」、「天」など19作品をご紹介

画像出典:Spotify

T.M.Revolutionの最新・人気アルバムを徹底解説。浅倉大介のシンセサウンドに負けない歌唱力を持ち、女心をくすぐる歌詞や誰しも楽しめるライブパフォーマンスが魅力のT.M.Revolution。プロフィールのご紹介やアルバム全19作品を掲載します。

T.M.Revolutionの最新・人気アルバム

T.M.Revolution 1st〜3rd オリジナルアルバム

T.M.Revolution 1stアルバム『MAKES REVOLUTION』 

1996年8月にリリースされた『MAKES REVOLUTION』 。
テレビ番組『週刊スタミナ天国』オープニングテーマに使われた「独裁 -monopolize-」、テレビ番組『Q99』エンディングテーマに使われた「臍淑女 〜ヴィーナス〜」のアルバムバージョンなどが収録されています。疾走感のある楽曲が多い中、初のバラード曲である「夢の雫」も必聴のアルバムです。

T.M.Revolution 2ndアルバム『restoration LEVEL→3』 

1997年2月にリリースされた『restoration LEVEL→3』 。
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』エンディングテーマの「HEART OF SWORD~夜明け前~」の通常タイプと別バージョン、西川による初作詞の「DYNAMITE PASSION」などが収録されています。デビュー前から作られていたとされる「IMITATION CRIME」も浅倉大介らしいサウンドが魅力です。

T.M.Revolution 3rdアルバム『triple joker』 

1998年1月にリリースされた『triple joker』 。
本人も出演したことで話題になった『ヤマハ・ジョグ』CMソングの「蒼い霹靂」、『ロッテ Sweetieアイス』CMソングの「HIGH PRESSURE」、『モータートゥーン・グランプリ』CMソングに使われた「LEVEL 4」のアルバムバージョンなどが収録されています。「MinD ESCAPE」はハートフルなナンバーで、シックな「O.L」とは対照的。西川のボーカル力が存分に生かされたアルバムです。

T.M.Revolution 4th〜6th オリジナルアルバム

T.M.Revolution 4thアルバム『The Force』 

1999年3月にリリースされた『The Force』 。
本人が出演した資生堂『ティセラジャングル・ジャングル』CMソングの「WILD RUSH」、アサヒ飲料『三ツ矢サイダー』CMソングの「HOT LIMIT」、テレビ番組『日立 世界ふしぎ発見!』エンディングテーマの「THUNDERBIRD」などが収録されています。「HOT LIMIT」のMVでは肌を露出する黒いラインスーツの衣装が話題になりました。

T.M.Revolution 5thアルバム『progress』 

2000年10月にリリースされた『progress』 。
テレビ番組『スーパーサッカー』テーマソングの「LOVE SAVER」、テレビ番組『劇空間プロ野球』テーマソングの「BLACK OR WHITE ? version 3」などが収録されています。シンセサウンドの疾走感が心地よい「HEAT CAPACITY」のほか、アーバンな雰囲気が漂う「last resort」やハードロックナンバーの「Master Feel Sad」も必聴のアルバムです。

T.M.Revolution 6thアルバム『coordinate』 

2003年3月にリリースされた『coordinate』 。
アニメ『機動戦士ガンダムSEED』オープニングテーマ「INVOKE」のフルバージョンとTVオープニングバージョン、同アニメ挿入ソングの「Meteor -ミーティア-」、テレビドラマ『別れさせ屋』エンディングテーマの「BOARDING」などが収録されています。シングル曲もリミックス・リメイクされており、聴き応えのあるアルバムとなっているのがポイントです。

T.M.Revolution 7th〜10th オリジナルアルバム

T.M.Revolution 7thアルバム『SEVENTH HEAVEN』 

2004年3月にリリースされた『SEVENTH HEAVEN』 。
テレビ番組『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY #049に使われた「Albireo -アルビレオ-」、『ガンダムSEED MSV』テーマソングの「Zips」などが収録されています。西川が作詞を担当した「Tears Macerate Reason」はしっとりとしたバラードながら力強さがあり、新たな始まりを感じさせる名曲です。

T.M.Revolution 8thアルバム『vertical infinity』 

2005年1月にリリースされた『vertical infinity』 。
アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』オープニングテーマの「ignited -イグナイテッド-」、映画『スパイダーマン2』日本版テーマソングの「Web of Night (English Version)」などが収録されています。これまでは浅倉による作曲・編曲が主でしたが、今回は西川が編曲に携わる曲が多く、ロック色の強いアルバムとなっています。

T.M.Revolution 9thアルバム『CLOUD NINE』 

2011年4月にリリースされた『CLOUD NINE』 。
ゲームソフト『戦国BASARA3』オープニングテーマの「Naked arms」、テレビアニメ『戦国BASARA弐』オープニングテーマの「SWORD SUMMIT」、アニメ映画『劇場版 BLEACH 地獄篇』主題歌の「Save The One, Save The All」などが収録されています。サンリオピューロランド20周年イメージソングに使われたバラード曲「Thousands Morning Refrain」も必聴です。

T.M.Revolution 10thアルバム『天』 

2015年5月にリリースされた『天』 。
テレビアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』テーマソングの「突キ破レル-Time to SMASH !」、「Thread of fate」、ゲームソフト『レイギガント』主題歌の「AMAKAZE -天風-」、ゲームソフト『戦国BASARA 皇』主題歌の「DOUBLE-DEAL」などが収録されています。配信限定シングルの「Summer Blizzard」、「HEAVEN ONLY KNOWS ~Get the Power~」も入り、ボリューミーなアルバムとなっています。

T.M.Revolution ベストアルバム

T.M.Revolution 1stベストアルバム『B☆E☆S☆T』 

2002年3月にリリースされた『B☆E☆S☆T』 。
1stシングル「独裁 -monopolize-」から16thシングル「Out Of Orbit 〜Triple ZERO〜」までのシングル曲のほか、未公開曲「hear」が収録されています。これまでの軌跡をたどれるだけでなく、今後のサウンドも期待させるアルバムとなっています。

T.M.Revolution 2ndベストアルバム『1000000000000』 

2006年6月にリリースされた『1000000000000』 。
「LOVE SAVER」を除く1stシングル「独裁 -monopolize-」から21stシングル「vestige -ヴェスティージ-」の全シングル曲が収録されています。10周年を記念したアルバムで、これまでの軌跡が楽しめるのがポイントです。アートワークはユニクロやツタヤのロゴマークを手掛けたことでも有名な佐藤可士和を起用。

T.M.Revolution 3rdベストアルバム『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-』 

2016年5月にリリースされた『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-』 。2016年に20周年を迎えることを記念し、全曲NYでリマスタリングした作品です。懐かしのデビュー曲「独裁-monopolize-」からヒット曲「HIGH PRESSURE」、「WHITE BREATH」、アニメタイアップ曲の「INVOKE」などなど、充実したラインナップの3枚組アルバムです。

T.M.Revolution ミニアルバム

T.M.Revolution 1stミニアルバム『X42S – REVOLUTION』 

2010年3月にリリースされた『X42S – REVOLUTION』 。
テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』オープニングテーマの「INVOKE -インヴォーク-」や同アニメシリーズテーマ曲の「Zips」などのほか、ガンプラ30周年を記念した新曲「Imaginary Ark」などが収録されています。通常版のジャケットにはパイロットスーツを着用した西川のイラストが描かれ、ガンダム好きにはもちろん、ファンの心をくすぐる内容となっています。

T.M.Revolution 2ndミニアルバム『宴 -UTAGE-』 

2011年11月にリリースされた『宴 -UTAGE-』 。
T.M.Revolutionデビュー15周年、『戦国BASARA』5周年を記念し、『戦国BASARA』シリーズの楽曲である「crosswise」、「Naked arms」、「FLAGS」などのほか、初収録の「UTAGE」が収録されています。疾走感のあるナンバーが多く、西川のボーカル力と浅倉の爽快なシンセサウンドが存分に味わえるアルバムです。

T.M.Revolution カバーアルバム

T.M.Revolution 1stカバーアルバム『UNDER:COVER』 

2006年1月にリリースされた『UNDER:COVER』 。
デビューシングルから21stシングル、これまでのアルバム収録曲を対象にリクエストを募り、投票数の多い曲をセルフカバーしたアルバムです。3rdシングル「HEART OF SWORD 〜夜明け前〜」、両A面の14thシングル「魔弾 〜Der Freischütz〜」、「LOVE SAVER」のほか、菅野よう子が編曲を担当した「THUNDERBIRD」等が収録されています。

T.M.Revolution 2ndカバーアルバム『UNDER:COVER 2』 

2013年2月にリリースされた『UNDER:COVER 2』 。
前回のカバーアルバム『UNDER:COVER』以外のデビューシングルから25thシングルまでの楽曲よりリクエストを募り、構成されたアルバムです。浅倉大介はもちろん、大島こうすけm-floVERBALがアレンジに参加。「青い霹靂」では布袋寅泰が、「last resort」ではMay J.が楽曲に参加しています。

T.M.Revolution コンピレーションアルバム

T.M.Revolution コンピレーションアルバム『GEISHA BOY -ANIME SONG EXPERIENCE-』 

2013年10月にリリースされた『GEISHA BOY -ANIME SONG EXPERIENCE-』 。
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』、『機動戦士ガンダムSEED/機動戦士ガンダムSEED DESTINY』、『ソウルイーター』、『戦国BASARA』、『BLEACH』、『革命機ヴァルヴレイヴ』など、数々のアニメタイアップ曲が収録されています。水樹奈々とのデュエット曲「Preserved Roses」なども入り、アニメファン必聴のアルバムです。

T.M.Revolution オリジナルサウンドトラックアルバム

T.M.Revolution オリジナルサウンドトラックアルバム『「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック』 

2015年10月にリリースされた『「ギャラクシー街道」オリジナルサウンドトラック』 。
笑いあり感動ありの映画『ギャラクシー街道』オリジナルサウンドトラックです。ズズ役の西川による歌唱が楽しめる「The End of the Universe/宇宙の果てまで」は監督の三谷幸喜による作詞、作曲・編曲は荻野清子です。