Popular

布袋寅泰の人気楽曲ランキング!ファンが聴いてる人気楽曲TOP10をランキングでご紹介

画像出典:Spotify

布袋寅泰の人気曲から10曲をご紹介。音楽プロデューサーだけでなくユニットやシンガーソングライターなど日本音楽界で幅広い活躍をみせ、近年は海外進出で再び注目を集めるの布袋寅泰。プロフィールのご紹介や、Spotifyの再生回数上昇率で決まる話題曲が詰まったランキングからおすすめ10曲を掲載します。(2019年1月付け)

202X / 布袋寅泰

2018年9月19日に発売された37枚目のシングルCD。2010年に漫画『北斗の拳』のテーマソング「STILL ALIVE」を制作し、2作目となる「202X」は『北斗の拳』連載開始35周年を記念して制作された楽曲です。実験的な楽曲の発表がしばらく続いていましたが「202X」は熱いギターや疾走感のビートと布袋寅泰の魂を感じることのできる従来のスタイルの曲となり、ファンを喜ばせました。曲のテーマは「近未来のディストピア」とされています。

恋をとめないで~Live at 武道館~ / 布袋寅泰

2017年6月28日に発売された35周年アニバーサリープロジェクトの最後を飾るCD『Climax Emotions ~Live at 武道館~』に収録された楽曲。こちらも吉川晃司と布袋寅泰のユニットCOMPLEXの一曲で、シングルリリースこそされていませんが、COMPLEXを語る上で欠かせない曲と言われライブでも最も盛り上がる楽曲の一つです。TBS系ドラマ『白鳥麗子でございます!』でも使用されています。2005年、アサヒ飲料の缶コーヒー「WONDA ショット&ショット」CMに吉川本人が出演した際にも使用されました。布袋寅泰、吉川晃司共にそれぞれ自身のソロライブでも披露しています。