Apple Musicのダウンロード・オフライン再生
HOWTO

Apple Musicから音楽をダウンロード。手順やデータ場所などよくあるご質問を紹介

お気に入りの音楽をApple Musicから端末(アプリ)へダウンロードする方法をご紹介。ダウンロードした楽曲をSDカードや外付けHDD保存する手順も解説します。また、ダウンロードした楽曲が消えてしまったなど、よくあるご質問もご紹介します。

Apple Music上の楽曲をダウンロードしてオフライン再生すれば通信量も節約

Apple Musicは音楽聴き放題で利用できるのは嬉しいけど、データ通信量が気になる…そんな方のためにDIGLE MAGAZINEではApple Music上でのオフライン再生でデータ通信量を抑える方法を紹介します。

Apple Musicのダウンロード、オフライン再生を説明する前に注意点

iCloudミュージックをオンにする必要がある

iPhoneユーザーがApple Music上でダウンロード、オフライン再生を行う為にはあらかじめ「iCloudミュージック」をオンにしておく必要がございます。これからこの手順についてご説明します。

iPhoneの「設定」アプリを選択している画像

まず「設定」をタップします。

設定で「ミュージック」を選択している画像

次に「ミュージック」を選択します。その先にある「ライブラリを同期」(iOS 12以前の方は「iCloudミュージック」)という項目をオンにします。(Apple Musicに登録をしていないとその項目は表示されないので注意しましょう。)
これでApple Musicの楽曲をダウンロードする事ができます。

Apple Musicのライブラリ追加とダウンロードの違い

Apple Musicではダウンロードによく似た操作として「ライブラリに追加」があります。
「ライブラリに追加」とダウンロードの違いは、オフライン再生できるかどうかです。

Apple Musicのライブラリは、例えるならばCD棚やレコードボックスのようなもので、ここに好きな曲を追加するとわざわざ検索しなくてもすぐに楽曲にアクセスすることができるようになります。
ただし、ライブラリに追加しただけではオフライン環境で聴くことはできません。
あらかじめ楽曲をライブラリに追加した上で、ダウンロードして初めて楽曲がデバイスに保存されオフライン再生ができるようになります。

Apple Musicの楽曲をダウンロードする方法

Apple Musicで楽曲を単曲でダウンロードする場合

iPhoneでダウンロードする場合

それではこれからApple Music内の楽曲をダウンロードする方法をご説明します。

iPhoneでApple Musicアプリを選択している画像

まずApple Musicを起動します。

Apple Music 楽曲のオプションボタンをマークした画像

Apple Musicで好きな楽曲を探して楽曲タイトル横にある「・・・」のボタンをタップします。

その後表示される項目から「ライブラリに追加」を選択すると「ライブラリに追加されました」と表示がでます。
これでまずApple Musicの自分のライブラリの中に追加されました。
次にそのApple Musicのライブラリに追加した楽曲をダウンロードします。

Apple Musicのライブラリに追加した後に再度「・・・」のボタンをタップすると、「ダウンロード」の項目が追加されているのでそちらを選択します。するとダウンロードした楽曲横にはダウンロード完了のマークがつきます。
これでApple Music上の楽曲のダウンロードは完了です。

パソコン(Mac)でダウンロードする場合

MacでApple Musicを起動させ、ダウンロードしたい楽曲を見つけます。見つかったら、トラック名の右端にある「・・・」を選択します。

パソコンのApple Musicで「・・・」を選択している画像

出てきたメニューの中から「ライブラリに追加」を選択します。

「ライブラリに追加」を選択している画像

ライブラリに追加できたら、ダウンロードしたいトラックにカーソルを合わせると「↓」マークが表示されるので、こちらをクリックします。

「↓」マークを選択している画像

ダウンロードが完了すると「↓」マークが白抜きで表示されます。

パソコンのApple Musicでダウンロードが完了したあとの画面
次ページ:Apple Music上のアルバム、プレイリストでまとめてダウンロードする場合