一番わかりやすい!
サブスク&音楽アプリ総合比較サイト

カルチャー ミュージック ムービー

Apple Musicのデータ通信量はどれくらい?節約する方法も解説!

DIGLE編集部
音楽聴き放題の「Apple Music」。音楽を聴くうえで便利なアプリですが、使い続ければデータ通信量が膨らんでいきます。具体的にどれくらいのデータ通信量か、そしてその節約方法を解説。

7500万曲以上の楽曲を聴き放題の「Apple Music」。音楽好きにとっては色々と楽しむ事のできるサービスではありますが、通信量の使い過ぎを気にする方は多いと思います。音楽を聴き過ぎて気づかない間に通信制限がかけられてしまうとつらいですよね。

この記事では、具体的にどれくらいのデータ通信量になるのか、そしてどうすればそれを節約できるのかを解説していきます。


1曲でどれくらいの通信量?

Apple Musicでは、2種類の音質があります。「標準音質」(128kbps)、「高音質」(256kbps)の2種類と比較的他のストリーミングサービスと比べると音質の選択できる項目は少ない傾向にあります。

各音質の大まかな通信量を表にすると以下の通りです。

  1曲(5分)の通信量 1時間の通信量
標準音質(126kbps) 約7.3MB 約84MB
高音質(256kbps) 約17MB 約204MB

1日2時間流せば月60時間。最高音質で1時間流した場合、200MB以上使用してしまうことになります。通信キャリアで大容量プランを契約している人なら大丈夫かもしれませんが、多くの人にとっては音楽だけで200MBというのは「多い」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それでは、通信量を節約するにはどうしたらいいのでしょうか。


次ページ:節約する方法(1)音質を下げる

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング