Apple Music 学生プラン
HOWTO

Apple Music学割の対象は?料金などプラン詳細や登録方法を解説

Apple Music学割プランと通常プランの料金の違い、登録方法、他社との金額の違いをご紹介。高校生以下は利用不可?学生プランの期間は48か月間まで?気になる疑問や不安も徹底解説します。

今回は「学割を使いたいけどよく分からない。」「学割と普通の有料プランって何が違うの?」という疑問をお持ちの学生の為に「学割プラン」の料金の違い、登録方法、他社との金額の違いについて解説していきます。

個人プランと学生プランの比較

それでは簡単にそれぞれのプランを比較してみましょう。

Apple Music個人プラン学割プラン
月額(個人)980円480円
フル再生
シャッフル再生
楽曲選択
オフライン再生
広告非表示
ラジオステーションBeats 1のライブ、オンデマンド再生。
テレビ番組、ライブビデオ

学割プランの違いとしてはApple Musicの月額料金が通常より半額の価格でご利用ができます。その他、サービスに関しては学割プランでも使用できるサービスは通常の有料プランと変わらないので、学生の方は断然「学割プラン」をオススメします。

もちろん1ヶ月無料トライアルも適応されるのでまずは試してみるといった形でも可能です。

学生プランだとApple TV+も期限付きで利用可能

 Apple Musicの学生プランに登録するとApple TV+ のサブスクリプションが期限付きで無料で利用する事が可能です。これで音楽だけでなくAppleオリジナルの動画作品なども楽しむ事ができます。ただ、学生プラン対象の学生ではなくなったり、Apple Music契約の更新をやめた場合は、Apple TV+の無料提供も終了するので注意しましょう。

Apple Music学生プランの利用条件は?

Apple Musicの学生プランを利用するには以下の条件を満たしている必要があります。

・17歳以上である
・UNiDAYSに認められている学校に在学中である
・在学中であることを証明できる

17歳以上の高校生であっても、高等学校はUNiDAYSに認められていないので学生プランに登録することはできません。大学、短大、専門学校などの高等教育機関に在学している学生が対象です。
在学を証明する方法としては、学校で発行されたメールアドレスを登録する、学校専用のポータルサイトにログインする、学内のWi-Fiに接続する、学生証のコピーを送るなどがあります。
そのため、入学が決まっていても正式に入学するまでは学生プランは利用できないので注意しましょう。

Apple Music学生プランの支払い方法

Apple Musicの学生プランには以下の支払い方法がご利用いただけます。

・クレジットカード
・キャリア決済
・iTunesギフトカード

クレジットカード

クレジットカードは以下のブランドのものが利用可能です。

・Visa
・Mastercard
・JCB
・American Express
・Diners Club

国内で発行されているクレジットカードならまず問題ありません。

キャリア決済

キャリア決済はドコモ(ドコモ払い)、au(auかんたん決済)、Softbank/Y!mobile(ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い)が利用できます。
毎月のスマホの料金の請求時に一緒にApple Musicの料金も引き落とされる決済方法になります。

iTunesギフトカード

iTunesギフトカードは全国のコンビニや家電量販店で販売されていて、500円・1,500円・3,000円・5,000円・1万円の固定された金額の中から選ぶこともできますし、バリアブルタイプと言ってご自分で自由に金額を設定できるものもあります。
iTunesギフトカードならクレジットカードを持っていない学生の方でもApple Musicの支払いができるのでおすすめです。

Apple Music 学生プランの登録方法

ここまで読んで「学割プランに登録してみようかな」と思った学生の方達のために、登録方法を解説します。まずは下記のボタンから申込画面へ移動しましょう。

「プランを選択」を選択している画像

登録画面がでたら「プランを選択」をタップ。

Apple Musicのプラン選択画面

学生のプランを選択して、「利用資格を確認」をタップ。

就学先を入力する画面

学校名を記入します。

教育機関のメールアドレスを入力する画面

学校用のメールアドレスを記入し、メールを送信します。その後そのメールアドレスに確認の連絡がきますので、そこで確認のボタンをタップすれば承認は完了されて学生プランを利用する事ができます。

登録の際の注意点

・学生プランの期間は48か月間

学割プランがスタートしてからはUNiDAYSで定期的に再検証されます。学生でなくなったか、学生プランの48 か月間の期間を満了したことが確認された場合、自動的にApple Musicの個人プランに切り替わります。48か月が経過したあとは学割プランを継続して利用することはできないので注意しましょう。

・高校生以下は利用不可

学生プランは、大学(短期大学および大学院を含む)で学士号や博士号の取得のために修学中、または同等の高等教育コースを履修中、または高等専門学校、専門学校(専修学校専門課程)で修学中であることが必要です。義務教育を実施する教育機関および高等学校は、現時点では対象外ですので注意しましょう。

次ページ:Apple Musicの他のプランから学生プランに変更する方法