一番わかりやすい!
サブスク&音楽アプリ総合比較サイト

カルチャー ミュージック ムービー
HOWTO

Apple MusicでCD音源楽曲を管理!iTunesから移行する際の注意点

Apple Musicを使い始めるにあたって、iTunesの楽曲が全てiCloudへ移行されることはご存知でしょうか?これにより、データの保存先をiCloudミュージックライブラリへ移行する必要があります。この記事では、iTunesにもともと入っていたCD音源の楽曲を保存し、iCloudを使って一括管理する方法を解説します。

Apple MusicとiTunesの違い

Apple MusicとiTunesはどちらもAppleが提供する音楽配信サービスですが、違いが多くあります。主な2つについてご紹介します。

定額聴き放題か楽曲購入の違い

Apple Musicは「定額制聴き放題音楽ストリーミングサービス」で、iTunes Storeは「楽曲データ購入・ダウンロードサービス」です。Apple Music定期的に料金を支払うことで、配信されている音楽を聴く権利が与えられます。それに対してiTunes Storeは、楽曲をオンライン上で買うため所有になるという違いがあります。

料金の違い

Apple Musicは3種類のプランが用意されており、個人プランが月額980円、家族6人まで利用できるファミリープランが月額1,480円、学生限定の学生プランが月額480円となっています。iTunes Storeは楽曲購入以外の利用料金はかかりません。1曲あたりの値段は150円、200円、250円のいずれかとなっています。様々な楽曲を聴く方は、Apple Musicの方がお得に楽曲を楽しむことができるでしょう。

iTunesの楽曲が全てiCloudへ移行される

まず注意してほしい点が、Apple Musicでの楽曲を自分のライブラリに追加する際にデータの保存先をiCloudミュージックライブラリへ移行しなくてはいけないという事です。
実際にiCloudミュージックライブラリを利用していない状態でApple Musicからほしい楽曲をライブラリに移動しようとすると次の画像が現れます。

Apple MusicでiCloudミュージックライブラリについて確認

こちらをオンにすると

iCloudミュージックライブラリをオンにする

ここで、「ミュージックを残す」を選択しますともともとスマホに入っていた楽曲は消える事なく、Apple Musicで保存した曲も追加されていきます。しかし、「削除して置き換える」を選択しますともともと入っていたスマホの楽曲は全て削除されてしまうので注意しましょう。


次ページ:iCloud ミュージックライブラリとは?

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング