「Apple Oneとはどんなサービス?」と書かれた画像
HOWTO

Apple Oneとはどんなサービス?プラン料金からメリット・デメリットまで徹底解説!

Apple Oneとは、Appleが提供する4つのサービスが定額で利用できるサービスです。複数のサブスクリプションを使っている人や家族での利用におすすめです。今回はApple Oneのプラン料金やメリット・デメリットなどを解説します。

Apple Oneは、Apple の各種サブスクリプションがオールインワンの料金で利用できる2020年開始のサービスです。
個別で今までサブスク契約をしていた方にとってApple Oneはお得に色々なコンテンツが楽しめる魅力的なサービスとなっています。
今回は「Apple Oneってどうなの?」「Apple Oneに入ろうか迷っている」という方のために、Apple Oneの各プランの料金や登録するメリット・デメリットについてご紹介します。

Apple Oneとは?

Apple Oneとは、Appleが提供する様々なサブスクリプションサービスをパッケージ化した料金で利用できるサービスです。
現在、日本のApple OneではApple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージの4サービスが利用可能で、プランは個人かファミリーのいずれかを選ぶことができます。
海外では既にこれらに加えてプレミアプランも用意されており、国内では未実装のApple News+とApple Fitness+というサービスも追加されています。

Apple Oneで利用できる4つのサービス

Apple OneではApple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージの4つのサブスクリプションサービスを利用することができます。ここでは、それぞれのサービスの内容をご紹介します。

Apple Music

Apple Musicは配信されている9,000万曲以上が定額で聴き放題の音楽ストリーミングサービスです。Apple Musicを個別で契約すると個人プランで月額980円、ファミリープランで月額1,480円となっています。
Apple Musicは配信楽曲の豊富さだけではなく、高音質のロスレス・空間オーディオが聴けたり、デバイスに楽曲をダウンロードできるオフライン再生など機能が充実している魅力たっぷりのサービスです。
音楽を聴くこと以外にもApple独自のアーティストインタビューや、「Apple Music1」という24時間配信のラジオ番組の視聴もできます。

Apple TV+

Apple TV+はAppleのオリジナル作品が定額で見放題の動画ストリーミングサービスです。Apple TV+の月額料金は一律600円になります。
Apple TV+では、他の動画配信サービスでは見られない完全オリジナルのドラマやドキュメンタリー映像を視聴することができ、ダウンロードしてオフライン環境で再生も可能です。
Apple TV+で配信されているのは独自コンテンツのみなので、まだまだ配信作品数は少ないですが、今後もどんどん新しい作品が追加される予定なので入って損はないサービスです。

Apple Arcade

Apple Arcadeは定額で200以上のゲームが制限なしでプレイし放題のサブスクリプションサービスです。通常利用で月額料金は600円となっています。
遊べるゲームはApple Arcade用に提供されたタイトルが中心で、邪魔な広告やアプリ課金などは一切なしでプレイすることが可能です。
Apple Arcade最大のポイントはゲームをダウンロードしてオフライン環境でも遊べる点で、外出先でもプレイしたり、通信環境が悪くて動きが滞るといったこともありません。

iCloudストレージ

iCloudはAppleが提供するオンラインストレージサービスです。Appleデバイスのユーザーなら5GBまでは無料で利用できますが、さらに容量を拡張したい場合はストレージの大きさに合わせて月額料金を払う必要があります。
手軽に端末内のデータをアップロードして保存でき、iPhoneの中の写真をバックアップしたり、機種変更でデータ移行したい際にもiCloudストレージは活躍します。
Apple Oneに登録すると個人プランで最大50GBまで、ファミリープランで最大200GBまでのiCloudストレージが利用可能です。

Apple Oneのプランと料金体系

まずは、気になるApple Oneの2つのプランと利用料金について解説します。
Apple Oneの登録プランは個人プランとファミリープランのどちらかを選択可能で、それぞれ利用可能人数や料金に違いがあります。

個人プランファミリープラン
月額料金1,100円1,850円
利用可能人数1人まで6人まで
iCloudストレージ50GB200GB

Apple One個人プラン

Apple One個人プランは月額1,100円でApple Music、Apple TV+、Apple Arcade、そしてiCloudストレージ50GBまでが1人で利用できるプランです。
それぞれのサービスを個別で契約した場合、合計で月額2,310円かかりますが、Apple Oneに登録すれば半額以下で利用でき、毎月1,210円もお得になります。

Apple Oneファミリープラン

ファミリープランは家族の最大6人までが月額1,850円でApple Oneのサービスを利用する事のできるプランです。それぞれのAppleのサービスを個別で月額契約すると合計毎月3,080円ですが、Apple Oneなら月に1,230円も節約することができます。
さらに、家族6人で使えば一人あたりの月額料金が308円ほどと、ワンコイン以下で使えるので非常にお得です。

Apple Oneを利用するメリット

次に、Apple Oneに登録するメリットについて解説していきます。

個別契約をするより安く使える

Apple Oneに登録すれば、音楽、動画、ゲーム、クラウドサービスの全てがそれぞれを個別で契約するよりも安い料金でまとめて利用することができます。
個人プランに関しては半額以下、ファミリープランは通常の6割程度の料金で、これだけ充実したサービスが利用できるのでとてもリーズナブルです。

Apple MusicとiCloudユーザーはお得

普段からApple MusicとiCloudをよく使う方にとってApple Oneはメリットが大きいです。

個人プランの場合だとApple Music(月額980円)とiCloudストレージ50GB(月額130円)をそれぞれ契約しただけで合計1,110円になってしまいますが、Apple Oneを利用すれば毎月10円ずつ安くなる上にApple TV+とApple Arcadeのサブスクリプションサービスもついてきます。

ファミリープランの場合も同様で、Apple Music(月額1,480円)とiCloudストレージ200GB(月額400円)で合計1,880円になるところ、Apple Oneなら30円お得に利用できます。

Apple Oneのデメリット

一方で、Apple Oneには少し気になる点もあります。

Apple Musicを使わない人には向かない

Apple Musicで音楽をあまり聴かない方にとってはApple Oneは若干割高に感じてしまうかもしれません。
Apple Musicは個別契約をした際に4つのサービスの中で最も月額料金が高いサービスです。Apple Musicを使わない方はそれぞれ利用したいサービスを個別で契約したほうが安く使えるでしょう。

iCloudの追加料金は別途請求される

Apple Oneで利用可能なiCloudストレージの容量は、個人で50GBまで、ファミリーで200GBまでとなっています。
これ以上の容量を使いたい場合は追加料金を支払わなければなりません。iCloudの料金は500GBプランで月額400円、2TBプランで月額1,300円です。

使いたいサービスだけを選べない

Apple Oneでは利用できるサブスクリプションサービスがあらかじめ決められており、使いたいサービスだけを選択することができません。そのため、例えばApple Arcadeを使わないからといってその分料金が割引されることはないのです。
しかし、どのサービスも魅力的な内容となっているのでApple Oneへの登録を機に使い始めてみるのもいいと思います。

Apple Oneがおすすめの人

ここでは、Apple Oneの利用がおすすめできる方をご紹介します。

対象サービスを2つ以上使っている

すでにApple Oneの中のサービスで2つ以上使っている、もしくはこれから使う予定のある方はApple Oneの利用をおすすめします。
個別でそれぞれ契約して使うよりもApple Oneで料金をまとめて支払った方がお得に利用できるからです。

家族全員Apple製品を使っている

もし家族や同居している人がApple製のデバイスを利用している場合、すでにいくつかのAppleのサブスクリプションに加入しているかもしれません。共通で利用しているサブスクリプションがあれば、まとめてApple Oneのファミリープランに登録したほうがお得に利用できる可能性があります。

家族でApple製品を使っている方は一度家族全員のサブスクリプション利用状況を確認してみましょう。

Apple Oneの登録方法

それでは実際にiPhoneでApple Oneに登録する方法についてご説明します。
スムーズに登録するために、あらかじめiOSを最新のものにアップデートしておくことをおすすめします。

まず、iPhoneの「設定」アプリを開きます。

「設定」を選択している画像

画面の一番上のApple IDアカウントを選択します。

Apple IDを選択している画像

「サブスクリプション」に進んでください。

「サブスクリプション」を選択している画像

「Apple Oneを入手する」をタップします。

「Apple Oneを入手する」というボタンを選択している画像

プランを選択して「無料トライアルを開始」をタップします。

Apple Oneのプラン選択画面

するとApple Oneアプリをインストールするための確認画面が出てくるので、お使いのiPhoneの指示に従って支払い認証をし、登録完了です。

既にApple One対象サービスのどれかに登録しているとどうなる?

例えばApple Musicに登録しているなど、Apple One対象サービスのいずれかに既に登録している場合、Apple Oneに新規登録した時点で個々のサブスクリプションは自動で解約されるので二重で料金を払ってしまう心配はありません。

また、iCloudのストレージサービスに既に課金している場合は、Apple Oneで利用できるストレージ容量をさらに追加する形で使うことになります。そのため、今まで50GB分のiCloudストレージを定期購入していた方はApple Oneの個人プランに入るとプラス50GBで合計100GB分が使えるようになるわけです。
もちろん、今まで個別で契約していたiCloudを解約することもできますが、Apple Oneに登録してから解約しないと保存していたデータが消えてしまうので注意しましょう。

Apple Oneの解約方法

間違ってApple Oneに登録してしまったり、無料トライアル期間中に解約したいという方のためにApple Oneの解約方法もご紹介します。

①「設定」からApple IDアカウントに進みます。
②「サブスクリプション」を選択します。
③「Apple One」を選択し、「Apple Oneをキャンセル」をタップします。

これで解約手続きは完了です。

Apple Musicだけの登録でも1ヶ月無料

「Apple Musicだけ使いたい」「Apple Music以外のApple Oneのサービスはあまり使わない」という方はApple Music単体で登録することをおすすめします。

Apple Musicも初回登録であれば、1ヶ月無料でトライアルすることが可能です。
1ヶ月無料トライアル終了後の月額料金は980円ですが、Apple Oneの月額料金よりも安くApple Musicを利用することができます。Apple TV+など他のサービスを利用する予定がなければ、Apple Musicだけ登録した方がお得です。

よくある質問

?

Apple Oneはどのデバイスで利用できる?

Apple OneはiOS14以上を搭載した全てのApple製品でお使いいただけます。ただし、Android版Apple Oneアプリはないため、Androidデバイスには今のところ対応していないようです。

?

iCloudとApple MusicのApple IDが違うけど利用できる?

iCloud用とApple Music用で異なるApple IDを使っていてもApple Oneに登録可能です。

?

Apple Oneに学生プランはある?

残念ながら、Apple Oneに学生プランはなく、個人プランかファミリープランのみとなっています。しかし、これからサービスが普及していくにつれ学生プランもできる可能性はあるので定期的に最新情報をチェックしておくとよいでしょう。

Apple OneはAppleのサブスクをお得に利用できる|まとめ

Apple Oneは、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージの4つのサービスが定額で利用できるサービスです。
Apple Musicでは音楽、Apple TV+では動画、Apple Arcadeではゲームを楽しむことができ、iCloudではオンラインストレージを使うことができます。
Apple Oneに登録すれば個別でサブスクリプションを契約するよりも料金がお得になるので、複数のサービスを使う方におすすめです。
今ならApple Oneでは初回登録の方に限り1ヶ月間無料トライアルできるので、気になるという方は試してみてはいかがでしょうか。