HOWTO STREAMING
ストリーミング比較まとめ
映像ストリーミング

手順解説 | Spotify 学割プランで半額利用のチャンス

Spotifyの学割プランについて徹底解説。通常の有料プランとの違いや、他サービスとの比較などを紹介します。

今回は「学割を使いたいけどよく分からない。」「学割と普通の有料プランって何が違うの?」という疑問をお持ちの学生の為に「学割プラン」の料金の違い、登録方法、他社との金額の違いについて解説していきます。


Premium(有料プラン)と学割プランの比較

それでは簡単にそれぞれのプランを比較してみましょう。

Spotify Premium
(有料プラン)
学割プラン
月額(個人)980円480円
フル再生
シャッフル再生
楽曲選択
オフライン再生
広告非表示

学割プランの違いとしてはSpotifyの月額料金が通常より半額の価格でご利用ができます。その他、サービスに関しては学割プランでも使用できるサービスは通常の有料プランと変わらないので、学生の方は断然「学割プラン」をオススメします。


Spotify 学生プランの登録方法

ここまで読んで「学割プランに登録してみようかな」と思った学生の方達のために、登録方法を解説します。

spotifyの学割プラン-01

まずパソコンかモバイルのウェブブラウザでSpotifyの学生プランページにアクセスします。次に「PREMIUMにアップグレード」をタップ。

spotifyの学割プラン-02

アカウントのログインを行います。アカウントをお持ちでない方はアカウント作成から行いましょう。

このページでは学生資格の証明を行う為に「SheerID」による確認手続きを行います。

「次へ」を選択しましょう。

プロフィールを記入します。

在籍の証明ができる書類を送信します。確認が完了すれば正式に学割プランがスタートします。

登録の際の注意点

・12ヶ月毎に登録更新が必要

学割プランがスタートしてから12ヶ月が経つと、自動的に通常の有料プランへと移行されてしまいます。更新は忘れず行いましょう。

・18歳以上の学生のみ利用可能

学生プランは、18 歳以上で高等教育機関の学生に限定されています。高校生でも利用できるかのように記載されていますが、実際のところ高校生は利用できないので注意しましょう。


Apple Musicなど他サービスとの比較

なお、学割サービスは「Spotify」以外にもいくつかあります。有名なところでは「Apple Music」「Amazon Music Unlimited」「LINE MUSIC」などがあります。それぞれの違いはどのあたりなのか、比較してみました。

Spotify YouTube Music Apple Music Amazon
Music
Unlimited
Google
Play Music
LINE MUSIC AWA
通常料金 ・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・iPhone: 1,280円
Android: 980円
(個人)
・iPhone: 1,950円
Android: 1,480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・380円
(Echoプラン)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・960円
(個人)
・500円
(個人・20時間限定)
・1400円
(ファミリー)
・960円
(個人)
学割料金 480円 480円 480円 480円 無し ・480円
・300円
(20時間限定)
無し
配信楽曲数 約4000万曲 未発表 約6000万曲 約6500万曲 約4000万曲 約5900万曲 約5500万曲
無料プラン あり あり なし なし なし なし あり

金銭面で見るとSpotifyは他者と同等の金額に設定しています。
初回は無料で使用できるコンテンツも多く存在しているので1度使い比べてみてはいかがでしょうか?


ファミリープランについて

もし家族がSpotifyを利用している、もしくは入会を考えている場合は、ファミリープランもオススメです。こちらは月額1480円で最大6名が楽しむ事ができます。もし6人家族だった場合、1人あたり約247円支払えば利用する事ができるので、場合によってはファミリープランの方が学生プランよりもお得に利用する事ができます。


最後に

Spotifyの学割プランについて説明してきました。お手頃な価格でSpotifyを楽しめるプランなので学生の方はこれを機に、登録してみてはいかがでしょうか。

SNSで記事をシェア

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEW ARRIVAL

最新記事

Rina Sawayama新曲「Comme Des Garçon (Like The Boys)」発表 〈Dirty Hit〉からデビューアルバム発売決定

Rina Sawayamaが最新曲 「Comme Des Garçons (Like The Boys)」を発表。〈Dirty Hit〉からデビューアルバム『SAWAYAMA』の発売も決定。

BOOKOFFで10万時間超ディグ シティポップガイド本にtofubeatsらコメント

書籍『オブスキュア・シティポップ・ディスクガイド J-POP、ドラマサントラ、アニメ・声優…“CDでしか聴けない”シティポップの世界!』が本日1月17日に刊行された。

Ovall、3rdアルバム『Ovall』のアナログリリースが決定

Ovallの3rdアルバム『Ovall』がLP盤としてリリースされる。

SEEDA、映画公開に合わせて「花と雨」MV公開 監督はSpikey John

2006年に発表されたSEEDAの代表作「花と雨」の初MVが映画公開に合わせて公開された。

HELLY HANSEN 、90年代ストリートカルチャーをモデルにした新商品を発売

アウトドアブランド・HELLY HANSEN (ヘリーハンセン) より『Formula Series』が1月31日(金)に新発売。

maco marets「A Day in Lisbon」MV公開 初ワンマンのゲストに宮田泰輔、米山ミサ

maco maretsが最新アルバムから「A Day in Lisbon」のMVを公開。初ワンマンのゲストに宮田泰輔、米山ミサが決定。

OGRE YOU ASSHOLE×VIDEOTAPEMUSICのツーマンライブ、3月に渋谷WWW Xで開催

音楽イベント『OYA×VTM』が3月6日に東京・渋谷のWWW Xで開催される。

『ビバラ』第3弾でレキシ、宮本浩次、DA、赤い公園、パ音、大森靖子ら25組

『VIVA LA ROCK 2020』の第3弾出演者が発表された。

前野健太とカネコアヤノのツーマンライブが3月にLIQUIDROOMで開催

前野健太とカネコアヤノのツーマンライブ『前野健太/カネコアヤノ』が3月9日に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催される。

大久保紅葉が選ぶプレイリスト『MOMIJI OHKUBO history』The Blues Brothers、Aretha Franklinなど|連載1/4

毎週更新のプレイリスト連載企画。iphoneで製作されたフルアルバム「#Room」を配信リリースしたブルースハープシンガーの大久保紅葉がセレクトしたプレイリスト『MOMIJI OHKUBO history』を4週に渡ってお届けします。

50m超の岩壁に囲まれる『岩壁音楽祭』にSeiho、Mars89、tomad、Kotsuら

野外音楽イベント『岩壁音楽祭2020』が6月6日、7日に山形・赤湯の瓜割石庭公園で開催。第1弾出演者が発表された。

X-girl×オビツキューピー®のコラボレーションアイテムが新登場

1月17日(金) 、レディース ストリート ウエア ブランド「X-girl(エックスガール)」と日本の老舗玩具メーカー「オビツ製作所」の国内生産商品 「オビツキューピー®」とのコラボレーションアイテムが発売。

『SYNCHRONICITY』第2弾発表でTempalay、CHAI、TENDRE、AAAMYYY、Emeraldら

『SYNCHRONICITY2020 – 15th Anniversary!! -』の第2弾出演者が発表された。

国境も世代も関係ない。共感を語りかける韓国バンド・SURLが来た道のりとは

韓国のインディーズバンド・SURL(ソル)が2019年11月に初来日。すでに海外公演を行うなど、世界でも注目を集める彼らにルーツやバンドのこれまでについて話を聞いた。また、満員となった初来日公演の模様もライブレポートでお届けする。

Spotifyが注目する次世代アーティスト10組 「Early Noise 2020」発表

Spotifyのプレイリスト「Early Noise 2020」が公開された。

クリエイティブディレクター・青野賢一が選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中からDJ・文筆家としても活躍するビームス創造研究所/ビームス レコーズ ディレクター、青野賢一をご紹介。

デフォルト画像

{{ article.raw_post_object.title }}

{{ article.raw_post_object.excerpt }}

さらに表示

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

OTHER CONTENTS

その他コンテンツリンク