Spotify 学割プラン | 半額利用までの手順を徹底解説

Spotifyの学割プランについて徹底解説。通常の有料プランとの違いや、他サービスとの比較などを紹介します。

今回は「学割を使いたいけどよく分からない。」「学割と普通の有料プランって何が違うの?」という疑問をお持ちの学生の為に「学割プラン」の料金の違い、登録方法、他社との金額の違いについて解説していきます。


Premium(有料プラン)と学割プランの比較

それでは簡単にそれぞれのプランを比較してみましょう。

Spotify Premium
(有料プラン)
学割プラン
月額(個人)980円480円
フル再生
シャッフル再生
楽曲選択
オフライン再生
広告非表示

学割プランの違いとしてはSpotifyの月額料金が通常より半額の価格でご利用ができます。その他、サービスに関しては学割プランでも使用できるサービスは通常の有料プランと変わらないので、学生の方は断然「学割プラン」をオススメします。


Spotify 学生プランの登録方法

ここまで読んで「学割プランに登録してみようかな」と思った学生の方達のために、登録方法を解説します。

spotifyの学割プラン-01

まずパソコンかモバイルのウェブブラウザでSpotifyの学生プランページにアクセスします。次に「PREMIUMにアップグレード」をタップ。

spotifyの学割プラン-02

アカウントのログインを行います。アカウントをお持ちでない方はアカウント作成から行いましょう。

このページでは学生資格の証明を行う為に「SheerID」による確認手続きを行います。

「次へ」を選択しましょう。

プロフィールを記入します。

在籍の証明ができる書類を送信します。確認が完了すれば正式に学割プランがスタートします。

登録の際の注意点

・12ヶ月毎に登録更新が必要

学割プランがスタートしてから12ヶ月が経つと、自動的に通常の有料プランへと移行されてしまいます。更新は忘れず行いましょう。

・18歳以上の学生のみ利用可能

学生プランは、18 歳以上で高等教育機関の学生に限定されています。高校生でも利用できるかのように記載されていますが、実際のところ高校生は利用できないので注意しましょう。


Apple Musicなど他サービスとの比較

なお、学割サービスは「Spotify」以外にもいくつかあります。有名なところでは「Apple Music」「Amazon Music Unlimited」「LINE MUSIC」「AWA」などがあります。それぞれの違いはどのあたりなのか、比較してみました。

Spotify YouTube Music Apple Music Amazon
Music
Unlimited
Google
Play Music
LINE MUSIC AWA
通常料金 ・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・iPhone: 1,280円
Android: 980円
(個人)
・iPhone: 1,950円
Android: 1,480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・380円
(Echoプラン)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・960円
(個人)
・500円
(個人・20時間限定)
・1400円
(ファミリー)
・960円
(個人)
学割料金 480円 480円 480円 480円 無し ・480円
・300円
(20時間限定)
480円
配信楽曲数 約5000万曲 未発表 約6000万曲 約6500万曲 約4000万曲 約5900万曲 約6500万曲
無料プラン あり あり なし あり なし なし あり

金銭面で見るとSpotifyは他者と同等の金額に設定しています。
初回は無料で使用できるコンテンツも多く存在しているので1度使い比べてみてはいかがでしょうか?


ファミリープランについて

もし家族がSpotifyを利用している、もしくは入会を考えている場合は、ファミリープランもオススメです。こちらは月額1480円で最大6名が楽しむ事ができます。もし6人家族だった場合、1人あたり約247円支払えば利用する事ができるので、場合によってはファミリープランの方が学生プランよりもお得に利用する事ができます。


最後に

Spotifyの学割プランについて説明してきました。お手頃な価格でSpotifyを楽しめるプランなので学生の方はこれを機に、登録してみてはいかがでしょうか。

SNSで記事をシェア

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

甘美な誘惑。TAWINGSが奏でる仄暗いポップの裏側 | Newave Japan #49

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

甘美な誘惑。TAWINGSが奏でる仄暗いポップの裏側 | Newave Japan #49

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEW ARRIVAL

最新記事

ermhoi(Black Boboi)Live Setを<岩壁音楽祭>ポッドキャストで公開

<岩壁音楽祭>によるポッドキャストシリーズ『GAMPEKI RADIO』にて、ermhoiのライブセットが公開。

ビリーからのメッセージ 書籍『ビリー・アイリッシュのすべて』6月刊行

チャールズ・コンウェイの著書『BILLIE EILISH ~ビリー・アイリッシュのすべて』が6月12日に刊行される。

仮想空間でイベント開催可能に ヴァーチャルパーク「VARP」始動 

ヴァーチャルパークシステム「VARP(ヴァープ)」の提供が開始。アーティストやイベント主催者は、オリジナルのヴァーチャルパークを作成し、iOS/Android対応のアプリとして配布することが可能に。

butaji、寺尾紗穂ら追加 定額配信番組『AMUSEMENT』第3弾アクト発表

下北沢SPREADと都内を中心に活動するパーティーレーベル FLATTOPによる配信番組『VIDEO SERVICE “AMUSEMENT』の追加ラインナップ発表。

曽我大穂(CINEMA dub MONKS)インスタでソロライブ<Park Live - STAYHOME->

Ginza Sony Parkによる配信企画<Park Live - STAYHOME->にCINEMA dub MONKSを率いる音楽家・曽我大穂がソロ出演。

Dos Monos×台湾IT担当大臣オードリー・タンのコラボ曲、YouTubeで配信

Dos Monosとオードリー・タンのコラボ曲“CIVIL RAP SONG ft. Audrey Tang”が本日5月26日19:00にDos Monosと黒鳥社のYouTubeチャンネルで公開される。

情景を描く、yewの豊かなサウンド

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はyewをご紹介します。

海外で快進撃中のインディーズバンド・DYGLが選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中から東京出身のロックバンド・DYGL(デイグロー)をご紹介。

地元・福岡の糸島市歌う Nakanoまる新曲「ITOSHIMA」リリース

シンガーソングライター・Nakanoまるが地元・福岡の糸島市をテーマにした楽曲「ITOSHIMA 」を配信リリースした。

Sigur Rósヨンシーら参加 Julianna Barwick最新ALより「Inspirit」先行公開

Julianna Barwick(ジュリアナ・バーウィック)による最新作『Healing Is A Miracle』が〈Ninja Tune〉より7月10日にリリース。同時に新曲「Inspirit」のMVが公開された。

欧州注目の印刷法“リソグラフ”展覧会<RISO IS IT>渋谷パルコで開催

アートやデザインの分野で近年注目される”リソグラフ”の展覧会<RISO IS IT>が、渋谷パルコ内の「OIL by 美術手帖」ギャラリーにて開催。

tofubeatsがイギリス&オランダのクリエイターとコラボするRed Bull番組

リアリティーショー『Red Bull Check Your DMs』エピソード1の無料配信が5月22日からRed Bullの公式YouTubeチャンネルおよびRed Bull TVでスタート。tofubeatsが出演していることがわかった。

TiMTが聴かせる、音楽の呼吸

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はTiMTをご紹介します。

OPNの音楽が物語と並走する。クライム映画『グッド・タイム』|EDITOR'S SELECT 006

編集部メンバーが今オススメしたいもの、興味のあるものについて語る連載企画。今回は映画『グッド・タイム』について。

[.que]、Benny Singsなど、編集部おすすめ曲プレイリスト『DAILY DIGLE』

DIGLE MAGAZINE編集部がTwitterで毎日お届けしているおすすめ曲『DAILY DIGLE』。5月18日から一週間分の楽曲をまとめてご紹介します。

東京の片隅からLowCulTokyoが刻んでいく軌跡

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はLowCulTokyoをご紹介します。

デフォルト画像

{{ article.raw_post_object.title }}

{{ article.raw_post_object.excerpt }}

さらに表示

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

OTHER CONTENTS

その他コンテンツリンク