HOW TO 使い方
youtubemusic-howto-about

YouTube Music 完全ガイド │ YouTube Musicの使い方をゼロから解説!

YouTube Music(ユーチューブミュージック)の使い方をゼロから解説。無料プランと有料プランの違いやそれぞれの始め方など、全ての機能を紹介します。Spotifyなど他サービスとの違いもまとめて把握!

YouTube Musicとは

YouTubeが2018年11月14日から日本で提供を始めたYouTubeから音楽コンテンツだけを切り離した音楽アプリです。スマートフォン、PC、タブレット、ゲーム機を使用して、インターネット経由で音楽を楽しむことができます。

YouTube Musicでできる事

YouTubeの動画コンテンツを音楽として楽しめる

通常のYouTubeコンテンツのように動画として音楽を楽しむことも可能で、有料会員に登録をしていればオフラインで動画、音楽を視聴することも可能です。また、ホーム画面に戻った状態でも音楽を継続して視聴することも可能となり、双方をシームレスに切り替えながら楽しめるようになっています。

高機能な検索システム

楽曲やミュージシャンの名前の検索だけでなく、歌詞の1部分のワードや「飲料水 CM」などの組み合わせたワードでも検索が可能となっており、探している楽曲へリーチしやすい仕組みとなっています。

優秀なレコメンドコンテンツ

ユーザーの好みに沿った曲をまとめてプレイリストを作成するのはもちろん、ユーザーのテイストに合いそうなミュージシャンや楽曲をおすすめしてくれます。さらに、時間や場所によって、異なる内容のプレイリストを作成。たとえば、職場にいるときは集中力を上げてくれるような曲が入ったプレイリストを、朝の時間帯はさわやかな目覚めにピッタリな曲をまとめたプレイリストを、休みの日に家にいるときは家族でだんらんできる曲が入ったプレイリストを用意してくれるというわけです。


YouTube Musicの始め方

それでは、ここからはスマートフォンでYouTubeMusicを始めるときの手順を解説します。
大まかな流れは以下の通りです。

(1)YouTube MusicのアプリをApp StoreもしくはGoogle Play Storeからダウンロードする

(2)アプリを起動して、(有料会員利用の場合は)会員登録をするだけ。

まずはアプリにダウンロードし、スマートフォンにインストールします。OSに合わせて該当するリンクからダウンロードページへ進み、アプリをダウンロードしてください。

【iOS(iPhone)】

App Storeからダウンロード

【Android】

Google Play で手に入れよう

ダウンロード後、アプリは自動的にスマートフォンにインストールされます。

インストールが終わったら、ホーム画面に「YT Music」のアイコンができていますので、それをタップしましょう。

するとYouTube Musicのアプリが起動します。

ログインボタンを押して、次のページへ進みましょう。

YouTube Musicの利用にはGoogleアカウントを使用します。
今回はGoogleのアカウントを作成からご説明します。
「アカウントを作成」をタップしましょう。

苗字と名前を入力します。

生年月日と性別を入力します。

Googleアカウントへログインする為のGmailアドレスを作成します。

パスワードを入力します。

電話番号を入力する(任意で)必要のない方は「スキップ」をタップ。

電話番号を入力した場合は電話番号に届いたコードを入力。

利用規約に同意します。

これで登録は完了しました。「次へ」をタップします。


基本的な使用方法(無料プラン)

次に無料プランで使える機能を解説していきます。
まずは「HOME」画面が開きますので、この画面を使って音楽を聴いてみましょう。

ホーム

音楽を聴くのは簡単です。まずはホーム画面にあるプレイリストから好きなものを選んでタップしてみましょう。

プレイリストの詳細画面が表示されたら好きな曲をタップしてみましょう。

音楽が再生されました。ミュージックビデオの場合、こちらで動画が再生されます。
YouTube Musicでは無料会員でもお好きな曲の選択や、シャッフル、リピート再生を自由に利用する事が可能ではありますが、動画による広告がランダムで流れてくることがあります。
下部にある帯をタップしますと次に再生されるラインナップをチェックする事ができます。
こちらの再生順番を自分で変更する事も可能です。

ホットリスト

その時に流行している音楽やこれから要注目、急上昇のアーティストのミュージックビデオが視聴できるページです。注目アーティストのチェックや、その時のトレンドとなるコンテンツをチェックする事ができます。

検索

聴きたい楽曲を見つけたい場合はこちらの検索ボタンをタップします。右上に検索マークがあるので押してみましょう。

この画面では検索をすることができます。一番上にあるフォームに検索ワードを入れれば、アーティスト名や曲名はもちろん、プレイリスト名、歌詞の一部、関連ワードなどでも検索ができます。例えば「エドシーラン」と検索すると、

エドシーランに関連する情報が出てきます。さらに検索ワードの下部にはカテゴリー欄も存在しそちらで細かい検索をする事も可能です。
今度は歌詞で検索してみましょう。
福山雅治の「虹」という楽曲を検索する際に歌詞の一部分を使って検索しますと、

このように楽曲を見つける事もできます。いろんなワードを入れてみて、自分の探している曲を見つけてみて下さい。

ライブラリ

次に「ライブラリ」を使ってみましょう。

「ライブラリ」では再生履歴や自分が作成したプレイリスト、お気に入りのプレイリスト、アルバム、高く評価した曲、アーティストに分かれています。ここでは自分が気に入ったアーティストや曲、自作したプレイリストなどをストックして呼び出すことができるので、良く聴く曲を簡単に探し出すことができます。

高く評価した楽曲のリストに入れたい場合は、

上記の高評価ボタンを押します。また聴いた楽曲が好みではない場合、低評価ボタンを押す事も可能です。

無料 / 有料プランの違い

無料プランでもこれだけのことができるYouTube Musicですが、有料のPremiumプランに登録すると、さらに便利に使えるようになります。

「Premium」では、iPhoneとAndroidの端末によって料金が変わってきます。また、家族みんなで利用する場合は、家族6人まで使えるファミリープランに加入しますとお得に利用する事ができます。

それでは簡単に2つのプランを比較してみましょう。

YouTube Music Free Premium
月額(個人) 0円 iPhone: 1,280円
Android: 980円
月額(ファミリー) 0円 iPhone: 1,950円
Android: 1,480円
フル再生
シャッフル再生
楽曲選択
オフライン再生 ×
広告非表示 ×
バックグラウンド再生 ×

Premiumプランの大きな違いとして、
・楽曲をダウンロードしてオフラインで聴く事ができる
・再生時の広告を非表示にする事ができる
・他のアプリを使用時や画面をオフにした際も継続的に音楽を聴く事ができる
の3点が挙げられます。
詳しいメリットは下記リンクからも解説しています。

また、「Premium」では異なる会員システムも組み込まれております。それでは簡単その違いについて比較してみましょう。

YouTube PremiumとYouTube Music Premiumの違い

YouTube Music Premiumとは異なり『YouTube Premium』という有料会員サービスが存在します。
そちらの違いについても見ていきましょう。

YouTube Music Premium YouTube Premium
月額(個人) iPhone: 1,280円
Android: 980円
iPhone: 1,550円
Android: 1,180円
月額(ファミリー) iPhone: 1,950円
Android: 1,480円
iPhone: 2,400円
Android: 1,780円
YouTube Music
オフライン再生
広告非表示
バックグラウンド再生
YouTube
広告非表示 ×
バックグラウンド再生 ×
オフライン再生 ×
YouTube Originalコンテンツの視聴 ×

Youtube PremiumではYouTube Musicの有料コンテンツに加え、YouTubeの有料コンテンツも利用することができます。
主な違いとしては
・広告を表示せずにYouTube動画を楽しむことができる。
・ホーム画面に戻っても音声を継続して再生する事ができる。
・動画をダウンロードして、オフラインで楽しむ事ができる。
・YouTubeのオリジナルコンテンツ「YouTube Original」の視聴をする事ができる。
の4点が挙げられます。


有料プランの登録方法

ここまで読んで「YouTube Music Premiumに登録してみようかな」と思った人のために、登録方法を解説します。なお、最初の1カ月間をわずか無料で使うことができます(記事執筆時点)ので、使うか迷っているなら試しに使ってみるのもアリでしょう。

アプリのトップページの右上にあるアカウントのボタンを押します。

アカウント画面が開きましたら、一番下にある「MUSIC PREMIUM」を押しましょう。

その後でた上記の画面で「使ってみる」を押してみましょう。
現在は1ヶ月無料トライアルがついているのでぜひお試しに使ってみてはいかがでしょうか。(記事執筆時点)
こちらのボタンを押すと支払い画面に移ります。

金額を確認して「承認」を押します。

支払い方法に従って情報を入力していき、登録が完了するとYouTube Music Premiumのご利用が可能となります。

登録ができましたら、アカウント画面へ移動し、「有料メンバーシップ」というボタンを押してみましょう。

こちらで確認をする事が可能です。またYouTube PremiumもしくはMusic Premiumのファミリープランにもこちらのページで移行が可能です。

これでYouTube Music全ての機能が使えるようになりました。

それでは試しにバックグラウンド再生を使用してみましょう。

これまで動画から音声のみに切り替える事が不可能だったボタンも押せるようになったので、押してみると

音声のみに切り替えられるようになりました。またオフラインでも聴けるようにダウンロードも可能になったのでどこでも気軽に楽しめるようになりました。


Spotifyなど他サービスとの比較

なお、音楽ストリーミングサービスは「YouTube Music」以外にもいくつかあります。有名なところでは「Spotify」「Apple Music」「Amazon Music Unlimited」「Google Play Music」「LINE MUSIC」「AWA」などがあります。それぞれの違いはどのあたりなのか、比較してみました。

YouTube Music Spotify Apple Music Amazon
Music
Unlimited
Google
Play Music
LINE MUSIC AWA
月額料金 ・iPhone: 1,280円
Android: 980円
(個人)
・iPhone: 1,950円
Android: 1,480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・480円
(学生)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・480円
(学生)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・380円
(Echoプラン)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)

・1480円
(ファミリー)
・960円
(個人)

・500円
(個人・20時間限定)
・480円
(学生)
・300円
(学生・20時間限定)
・960円
(個人)
配信楽曲数 未発表 約4000万曲 約4500万曲 約4000万曲 約4000万曲 約4700万曲 約5000万曲
無料プラン あり あり なし なし なし なし あり

金銭面で見るとYouTube Musicは比較的金額が高めに設定しているようにも感じますが、動画コンテンツも利用ができると考えるとお得な感じもします。
無料で使用できるコンテンツも多く存在しているので1度使い比べてみてはいかがでしょうか?



まとめ

ここまで、YouTube Musicの登録方法や使い方、各プランの違いなどについて一通り説明してきました。

無料でも十分音楽やミュージックビデオを楽しむ事ができ、さらにPremiumにプランになりますと、動画を音声のみで楽しむ事ができたり、ダウンロードして持ち運べたり従来の定額音楽サービスより1ランク上の楽しみ方ができます。
気になる方は是非使ってみる事をオススメします。

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

DAILY VELOCITY CHART

毎日更新。再生回数が急上昇した今話題の楽曲チャート

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位に2日連続ONE OK ROCK、ピックアップにYUNGBLUD、Chara

HOW TO STREAMING

各ストリーミングサービスの使い方紹介

NEW ARRIVAL

最新記事

Prada

Pradaの2019年春夏コレクションプレイリスト『Sidonie – Prada Spring/Summer 2019 Women’s Campaign – Double Exposure』

DIGLE MAGAZINE編集部がオススメSpotifyプレイリストをお届け。Pradaが春夏コレクションに向けて公開したSpotifyプレイリスト『Sidonie - Prada Spring/Summer 2019 Women's Campaign - Double Exposure』をご紹介。

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位に2日連続ONE OK ROCK、ピックアップにYUNGBLUD、Chara

再生数の上昇率で人気ランキングが決まるSpotify Japan 急上昇チャートの2月16日(土) 分を紹介。ランクインしている曲からYUNGBLUD、Charaをピックアップ。

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位にONE OK ROCK、ピックアップにElvis Presley、Rex Orange County

再生数の上昇率で人気ランキングが決まるSpotify Japan 急上昇チャートの2月15(金) 分を紹介。ランクインしている曲からElvis Presley、Rex Orange Countyをピックアップ。

ほのかりん

ほのかりん選曲プレイリスト『LOVE』住岡梨奈、片平里菜など|2月連載3/4

毎週更新のプレイリスト連載企画。2月のテーマは『恋』。ほのかりんがセレクトしたプレイリストを今月4週に渡ってお届けします。

NEIGHBORS COMPLAIN

NEIGHBORS COMPLAINが選ぶ『ツアー移動中にテンションがあがる曲』Anderson .Paakなど | プレイリスト連載1/4

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。今回はNEIGHBORS COMPLAINが選ぶ『ツアー移動中にテンションがあがる曲』をご紹介。今週はVo.KeyのOtoさんがセレクト。

しなまゆ

しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『LOVE』THE BOOM、相対性理論など|2月連載3/4

毎週更新のプレイリスト連載企画。2月のテーマは『恋』。しなまゆのメンバー、モリユイがセレクトしたプレイリストを今月4週に渡ってお届けします。

Gateballers-tfm-mv

それは通り過ぎていく影でもあり、記憶に留まる海でもあり、タイムマシンでもあった。|the future magazine

2018年、突如生まれたサイケデリアの現在形とでもいうべき『「The all」=「poem」』という得体のしれないアルバムを通じて、多くの音楽ファンの耳に止まったGateballers。その首謀者である濱野夏椰と価値観をともにし、昨年アルバムのジャケットにEPのジャケットや『image』のMV作品をともに作り上げてきた写真家・相澤有紀。2018年を締めくくる10日間の北インドの旅を振り返ってもらった。 尚、インド旅を巡る写真集を鋭意製作中だそうだ。

バレンタインにみんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位に2日連続あいみょん、ピックアップにRake、アブリル

再生数の上昇率で人気ランキングが決まるSpotify Japan 急上昇チャートの2月14日(木) 分を紹介。ランクインしている曲からRake、アブリルをピックアップ。

ナンバーガール

ナンバーガールの楽曲をまとめたプレイリスト『This Is: ナンバーガール』

DIGLE MAGAZINE編集部がオススメSpotifyプレイリストをお届け。再結成を発表したナンバーガールの楽曲をまとめたSpotifyプレイリスト『This Is: ナンバーガール』をご紹介。

ANIMAL HACKが選ぶ『Days Gone By (feat. SIRUP)』と一緒に聴いてほしい曲 Louis Futonなど|プレイリスト連載1/4

毎週更新のプレイリスト連載企画。ANIMAL HACKが1月26日にリリースした『Days Gone By (feat. SIRUP)』と一緒に聴いてほしい曲をご紹介していきます。今回のテーマはMASAtOさんが選ぶ『コラボ楽曲の方向性を決めるためのミーティングで登場した曲』。

南米の独特な世界観を楽しむプレイリスト『ブラジルに行きたくなったときに』 | DIGLE USER PICKS

DIGLEユーザー、通称「DIGGER」が作成したプレイリストを紹介するコーナーDIGLE USER PICKS。今回は5otaroさんが作成した『ブラジルに行きたくなったときに』をピックアップ。

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位にあいみょん、ピックアップにiri、Kan Sano

再生数の上昇率で人気ランキングが決まるSpotify Japan 急上昇チャートの2月13日(水) 分を紹介。ランクインしている曲からiri、Kan Sanoをピックアップ。

カプコンの名作ゲームサントラをまとめたプレイリスト『This Is カプコン・サウンドチーム』

DIGLE MAGAZINE編集部がオススメSpotifyプレイリストをお届け。カプコンの名作ゲームサントラをまとめたSpotifyプレイリスト『This Is カプコン・サウンドチーム』をご紹介。

Kan Sano

Kan Sano 新曲「Sit At The Piano」がグローバル版プレイリスト『Jazz Vibes』等に選出

東京のトラックメイカー/キーボーディスト Kan Sanoの新曲「Sit At The Piano」がグローバル版Spotify公式プレイリスト『Jazz Vibes』など国内外複数のプレイリストに選出されました。

Keb Darge

スコットランド出身のDJ ケブ・ダージが選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中からスコットランド出身のDJ、ケブ・ダージをご紹介。

羊文学が選ぶ『恋』Mitski、Princeなど | 2月連載1/3

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。2月のテーマは『恋』。羊文学のメンバーが週替りにセレクト。今週はVo.Gt.の塩塚モエカさん。

デフォルト画像

{{ article.raw_post_object.title }}

{{ article.raw_post_object.excerpt }}

さらに表示

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

目 次
閉じる