Apple Musicの使い方
音楽専門メディアが解説

Apple Musicの使い方。特長やメリット・デメリット、料金プランも徹底解説

9000万曲以上の楽曲が聴き放題の音楽配信サービスApple Music。本記事では、Apple Musicの料金プランはもちろん、特長や料金、メリット・デメリット、便利な使い方まで徹底解説。他社サービスとの違いも比較表で簡単に把握できます。

Apple Musicとは

Apple Musicのアイコン

Apple Music

9,000万曲以上が聴き放題の人気No.1音楽アプリ

登録はこちらから

Apple Musicでできることは?

いいねマーク

配信楽曲数は9,000万曲以上!

邦楽から洋楽まで幅広いラインナップの9,000万曲以上が定額で聴き放題

いいねマーク

Apple製品ユーザーにぴったり!

iPhoneやMacなどApple製品との互換性に優れ使いやすいデザインの音楽アプリ

いいねマーク

1ヶ月間無料トライアルあり!

初回登録から1ヶ月間は無料で全ての機能が利用できる

Apple Musicサービス概要

配信楽曲数

9,000万曲以上

最低料金

480円〜

無料プラン

なし(無料トライアル有り)

広告表示

なし

こんな人にApple Musicはオススメ

インタビュイー画像

Asahi:

Apple Musicは配信楽曲数が9,000万曲以上と豊富で、邦楽も洋楽もまんべんなく取り揃えられているのでたくさんの新しい音楽を聴きたい方にオススメです!
iPhoneやiPad、MacなどのApple製品をお使いの方なら、わざわざケーブルで接続しなくてもクラウド上で簡単にデバイス間の楽曲の同期ができるので使い勝手に優れています。
また、ロスレスオーディオや空間オーディオといった高音質の楽曲も多数配信されており、ワンランク上のリッチな音楽体験ができること間違いなしです。

Apple Music 1ヶ月無料トライアル

Apple Musicでは登録してから最初の1ヶ月間は無料でお試しができる無料トライアル期間が設けてあります。申し込み方法に関しては普通のApple Musicの登録方法と同じです。しかし、その登録時より1ヶ月のトライアルなのでそこだけ注意しておきましょう。

よく会員に入ってしまったからもう解約する時に料金が発生しまうと懸念する方もいますが、大丈夫です。無料トライアル期間内のみのご利用も可能ですし、無料で解約もできます。

無料期間が終わると、自動で契約が更新される事となり、毎月980円(個人プランの場合)が決済されることになります。自動課金を止めるには退会する際と同じで、Apple IDの管理画面から登録をキャンセルをタップすると、無料期間終了後に自動で課金されることを防げます。尚、トライアル期間中に解約した場合は、解約直後に利用できなくなることがあります。

トライアル終了日はApple IDの管理画面の「登録」という場所をプッシュすると確認することができます。

Apple Musicメンバーシップを選択する画面

無料トライアルは月締めではなく、登録した日から1ヶ月無料

よく無料トライアルの中には1ヶ月と記載はされているものの、実際は登録した月が終了したら有料プランへ移行されてしまうサービスも存在します。
しかしApple Musicは登録した日から1ヶ月無料でお試しでき、翌月の登録日に有料プランへ移行されますのでご安心ください。

Apple Musicの料金は?

Apple Musicには4つの料金プランがあります。

「個人プラン」
「ファミリープラン」
「学生プラン」
「Apple Music Voiceプラン」

から選ぶことができるので、それぞれ合ったプランでApple Musicをご利用ください。

月額料金
個人プラン980円
ファミリープラン1,480円
学生プラン580円
Voiceプラン480円

個人プラン

個人プランは一番ベーシックなプランです。月額980円で、他ストリーミングサービスとも変わらない金額です。ダウンロード、オフライン再生などApple Musicのコンテンツをすべて利用する事ができます。

ファミリープラン

ファミリープランは月額1480円で最大6人まで利用する事ができます。利用する人数によっては個人プランより断然お得になります。6人で利用する場合には1人当たりの月額料金が247円です。個人プランと変わらずApple Musicのコンテンツをすべて利用する事ができるため、大人数で利用する場合にはとてもお得なプランとなっています。

学生プラン

Apple Musicには学生のみが利用できる学生プラン(学割)があります。対象は大学(短期大学および大学院を含む)で学士号や博士号の取得のために修学中、または同等の高等教育コースを履修中、または高等専門学校、専門学校(専修学校専門課程)で修学中の方となります。義務教育を実施する教育機関および高等学校は、現時点では対象外となるため注意しましょう。学生プランでは個人プランと同サービスをおよそ半額でご利用いただけるため、学生の方には是非おすすめのプランです。

Apple Music Voiceプラン

Apple Musicでは月額480円の新プラン「Apple Music Voiceプラン」が発表されました。Siriに話しかけて音楽を再生する事に特化したプランとなっています。Apple製のデバイスのみで利用する事が可能で、Siriに話しかけて楽曲や30,000以上のプレイリストを利用する事ができます。

ただし通常プランと異なり、オリジナルのプレイリストを作成したり、オフラインダウンロードをしたり、楽曲の歌詞を見て楽しむ事はできないためご注意ください。スマートスピーカーでSiriを利用して家でBGMとして流し聞きしたい方には是非おすすめのプランです。

Apple Musicの支払い方法

Apple Musicでは以下の支払い方法が利用できます。

・クレジットカード
・キャリア決済
・iTunesカード

クレジットカード

使用できるクレジットカードの種類は以下の通りです。

・Visa
・MasterCard
・JCB
・Diners Club
・American Express

これ以外であっても国内で発行されているクレジットカードであれば決済可能です。

キャリア決済

月々のスマホの料金と一緒に引き落とす支払い方法がキャリア決済です。
以下のようなキャリア決済が利用可能です。

・ドコモ払い(docomo)
・auかんたん決済(au)
・ソフトバンクまとめて支払い(Softbank)
・ワイモバイルまとめて支払い(ワイモバイル)

UQモバイルや楽天モバイルなどの格安SIMでは利用することができないので注意しましょう。

iTunesギフトカード

iTunesギフトカードのようなプリペイドカードをコンビニなどで購入してコードを入力し支払うという方法もあります。
iTunesギフトカードは額面固定タイプ(500円・1500円・3000円・5000円・1万円)と、自由に金額設定ができるバリアブルタイプ(500円~5万円)の2種類あり、お好きなものを選ぶことができます。
iTunesギフトカードならクレジットカードやキャリア決済が利用できない未成年でも買うことが可能です。

Apple Musicのメリット

ここでは、Apple Musicの特長と利用するメリットについていくつかご紹介します。

Apple製デバイスとの相性が良い

Apple MusicはiPhoneやiPadなどにもともとアプリがインストールされていることもあり、Apple製品との互換性に優れています。
CDで取り込んだ曲もiCloudミュージックライブラリを使えばわざわざパソコンとスマホを接続しなくてもクラウド経由で聴くことができるようになります。

レコメンド機能が優秀

Apple Musicはユーザーが過去に聴いた曲を分析して新しい楽曲をレコメンドする機能が優秀です。
自分専用のステーションを作成してくれたり、「Favourites Mix」では普段よく聴く曲をピックアップして流してくれます。
Apple Musicを利用している他の友達をフォローしていれば、友達が聴いている楽曲も見つけられるので音楽との出会いには事欠きません。

最初の1ヶ月は無料で使える

Apple Musicは初回登録から1ヶ月間は無料で使うことができます。無料トライアル期間中でも全ての楽曲が聴き放題で、機能制限もありません。
もし、肌に合わないなと思ってもすぐに解約できるので安心です。「とりあえずApple Musicがどんな感じか試してみようかな」と思った方はまずは1ヶ月無料トライアルから始めてみてはいかがでしょうか。

特定のオーディオデバイスと利用すると6ヶ月無料!

以下の対象デバイスを最新バージョンのOSを搭載したiPhoneやiPadとペアリングすると、Apple Musicを6ヶ月間無料で利用することができます。

・AirPods Pro
・AirPods(第2世代、第3世代)
・AirPods Max
・HomePod
・HomePod mini
・Beats Fit Pro
・Beats Studio Buds
・Powerbeats
・Powerbeats Pro
・Beats Solo Pro

Apple Musicの6ヶ月無料特典を受け取るには、対象デバイスを最初にペアリングしてから90日以内にご登録ください。

Apple Musicのデメリット

Apple Musicにさほど大きなデメリットはありませんが、使用していて少し気になる点も存在します。

海外アーティスト名がカタカナになる

Apple Musicで配信されている海外のアーティスト表記はカタカナになっていることが多いです。
音楽を聴く上でも検索する上でも特に支障はありませんが、管理しづらいという方や見た目にこだわりがあるという方もいらっしゃると思います。
その場合は、デバイスの言語設定を英語に変更するほかないので少々不便です。

邦楽のラインナップが若干少ない

Apple Musicは洋楽を幅広く取り揃えている一方で、国内のアーティストのラインナップにまだ穴があります。例えば、山下達郎は全曲は配信されていませんし、ハロプロ楽曲もまだ配信されていません。
サブスク解禁をするアーティストも徐々に増えつつありますが、聴きたいと思ったアーティストが聴けないこともあるので注意しましょう。

Apple Musicの主な使い方

配信楽曲数は9000万以上。広告無しで聴き放題

スマートフォン、タブレット、PCなどを使って、インターネット経由で音楽を聴くことができます。配信楽曲数は9000万曲以上!これが聴き放題です。

iTunesの楽曲もApple Musicで一括管理

もともと所有していたiTunesの楽曲とApple Musicの管理がiCloud上で一括管理できます。

ブラウザー上でも利用可能

Apple MusicではMusicアプリ(旧: iTunes)以外にもWebブラウザー上でサインインすることで利用する事が可能です。

楽曲をダウンロードすればオフラインで利用できる

Apple Musicではオフライン再生という機能を利用する事ができ、ダウンロードしておけば外で通信量をかけずに楽曲を楽しむ事ができます。

ミュージックビデオも楽しめる

音楽以外にも、ミュージックビデオや独自の番組を視聴可能です。

アーティストのラジオコンテンツも視聴できる

Wi-Fi 接続やモバイルデータ通信接続を使えば、だれでも、「Beats 1」やその他のラジオ放送を楽しめます。Apple Musicに登録していれば、さまざまなジャンルのオンデマンドのステーションを聴いたり、自分でステーションを作ったりすることもできます。

空間オーディオ(ドルビーアトモス)、ロスレスオーディオでも視聴可能

Apple Musicのドルビーアトモス、ロスレスオーディオの表示箇所

Apple Musicでは平面的ではなく立体的に音楽を体感できる「ドルビーアトモス」や楽曲のデータを圧縮せずにアーティストがスタジオで制作した音と変わらない音質で視聴ができる「ロスレスオーディオ」に対応しています。高音質でリアリティー溢れる音楽を楽しみたい方にはオススメしたいシステムです。対応している楽曲にはそれぞれ上記のようにマークがついているので是非チェックしてみてください。

次ページ: