「オフラインで聴ける音楽アプリ」と書かれた画像
HOWTO

【2022最新】オフラインでも楽しめるオススメ音楽アプリTOP12 無料で使う方法もご紹介

音楽アプリの中にはオフライン再生機能がついているものが多くあります。こちらの機能を使えばスマホのデータ通信を節約できるので便利です。今回はオフライン再生機能が使える音楽アプリを1位から12位までランキング形式でご紹介します。

オフラインで音楽を聴く方法

音楽アプリには、スマホのデータ通信やWi-Fiを使って音楽を聴く「オンライン再生」とインターネットに接続しなくても聴くことができる「オフライン再生」があります。
スマホのギガをあまり使いたくないという方や、飛行機の中などインターネットが使えない場所で音楽を聴きたいという方にはオフライン再生がおすすめです。
オフライン再生をして音楽を聴く方法は大きく以下の2つに分けられます。

デバイスに楽曲をダウンロードする

1つ目のオフライン再生方法は、スマホなどお使いのデバイスに楽曲データをダウンロードするという方法です。

多くの音楽アプリが有料版でダウンロード機能を提供しています。Wi-Fi環境のある所であらかじめ聴きたい音楽をダウンロードしておけば、外出先でもスマホのデータ通信を使わなくても音楽を聴くことが可能です。
ただし、あまりたくさんの楽曲をダウンロードしてしまうとデバイスのストレージ不足に陥ってしまうことがあるので注意が必要です。

キャッシュ機能を使う

2つ目は、アプリのキャッシュ機能を使ってオフライン再生をする方法です。

キャッシュとはアプリに一時的に保存された楽曲の再生データのことで、こちらのデータを呼び出すことで音楽を聴くことができます。
楽曲をデバイスに直接ダウンロードするわけではないので、ストレージを圧迫する心配もありません。しかし、キャッシュが増えすぎてしまうとデバイスの動作が重くなってしまうので注意しましょう。
また、キャッシュはあくまで一時的なデータなので時間が経つと勝手に消えてしまうというデメリットもあります。

オフライン再生ができる音楽アプリ比較一覧表

まずはオフライン再生をすることができる音楽アプリを比較してみましょう。

                                 
アプリ 月額料金 配信楽曲数 無料プラン オフライン再生
Apple
Music
・980円(個人)
・480円(学生)
・1480円(ファミリー)
・480円(Voice)
9000万曲以上 なし 可能
Spotify ・980円(個人)
・1280円(Premium DUO)
・480円(学生)
・1580円(ファミリー)
8200万曲以上 あり 有料プランのみ可
Amazon Music Unlimited ・980円(個人)
・480円(学生)
・480円(ワンデバイスプラン)
・880円(Prime会員)
・1480円(ファミリー)
・1080円(Apple経由)
9000万曲以上 あり 有料プランのみ可
LINE MUSIC ・980円(個人)
・500円(個人・20時間限定)
・480円(学生)
・300円(学生・20時間限定)
・1480円(ファミリー)
9000万曲以上 あり 有料プランのみ可
YouTube Music ・iPhone:1280円
Android/Web:980円(個人)
・Android/Web:480円(学生)
・iPhone:1950円
Android/Web:1480円(ファミリー)
未発表 あり 有料プランのみ可
AWA ・980円(個人)
・270円(アーティストプラン)
・480円(学生)
1億曲以上 あり 有料プランのみ可
KKBOX ・980円(個人) 9000万曲以上 あり 有料プランのみ可
Rakuten Music ・500円(ライトプラン)
・980円(スタンダードプラン)
・780円(楽天サービス利用者限定プラン)
9000万曲以上 なし 可能
dヒッツ ・500円(個人)
・300円(dヒッツ)
未発表 あり 有料プランのみ可
うたパス ・330円(ベーシック)
・550円(聴き放題プランMyうたプラス)
・980円(聴き放題プランオンデマンド)
未発表 あり 聴き放題プランMyうたプラス、聴き放題プランオンデマンドは可
TOWER RECORDS MUSIC ・980円(個人) 7000万曲以上 あり 有料プランのみ可
ANiUTa ・600円(個人) 10万曲以上 あり キャッシュ保存でのみ可

基本的にどの音楽アプリも有料会員になるとオフライン再生機能が使えるようになっています。
また、利用者数が日本で一番多いApple Musicは無料プランが設けられていませんが、今なら登録して1ヶ月間は無料で使うことができるのでお得です。

音楽アプリ選びのポイント

たくさんの音楽アプリがあるとどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあると思います。
ここでは、音楽アプリの選び方のポイントをチェックしていきましょう。

オフライン再生ができるか

音楽アプリを選ぶ際はダウンロード機能などオフライン再生が可能かどうか確認しましょう。
オフライン再生ができれば、スマホのデータ通信を使うことなく好きなだけ音楽が聴けるので安心です。

配信楽曲数

配信されている楽曲の数も大事なポイントです。メジャーなアーティストばかり聴くという方は、ほとんど全ての音楽アプリで網羅されているのでそこまで気にする必要はありませんが、ちょっとマイナーな音楽も聴くという場合は配信楽曲数が多いほど聴ける可能性が高くなります。

月額料金

ほとんどの音楽アプリが月額1,000円未満で利用することができ、料金に大きな差はありません。しかし、少しでも費用を抑えたいという方は料金にも注目してみましょう。
また、音楽アプリによっては学割料金が適用されるプランも用意されており、通常の個人プラン料金よりも安く利用できるため、学生の方は検討してみることをおすすめします。

配信されているジャンル・アーティスト

音楽アプリによって得意とするジャンルに若干の偏りがあります。例えば「KKBOX」ならK-POP、「ANiUTa」ならアニソンのようにどのジャンルに力を入れているかに差があるのです。
普段ご自分がよく聴くアーティストやジャンルをよく吟味して最適な音楽アプリを選びましょう。

無料プランもしくはお試し期間があるか

無料で利用できるプランがある音楽アプリも多く存在します。ただし、無料プランではオフライン再生ができないなどいくつかの機能制限があるので注意してください。
無料お試し期間が設けられている音楽アプリなら、期間中は有料プランで使える全ての機能を利用できます。音楽アプリ選びに迷った際はぜひ無料お試し体験も試してみましょう。

オフライン再生ができる音楽アプリTOP12

ここからは実際にオフライン再生機能を搭載している音楽アプリのランキングをご紹介します。

1位:Apple Music

Apple Musicは邦楽から洋楽まで9,000万曲以上の幅広いラインナップを取り揃えている定額制音楽アプリです。
音楽以外にもミュージックビデオやラジオ番組も充実しており、いろいろなコンテンツを満喫したいという方にはぴったりです。
より高音質な音楽が楽しめるロスレスオーディオやドルビーアトモスの空間オーディオも追加料金無しで聴くことができ、リッチな音楽体験ができます。
もちろん、ロスレスオーディオや空間オーディオの楽曲もオフライン再生ができるので、外出先でも通信量を気にせずに高音質の音楽を聴くことが可能です。

Apple Musicはストリーミング再生はもちろんダウンロードしてオフライン再生して聴くこともでき、各種機能の豊富さが特徴となっています。ただし、個人プラン・学生プラン・ファミリープランはダウンロード機能がありますが、2021年秋に新しく追加されたVoiceプランではダウンロードすることができないので注意してください。

Apple Musicに無料プランはありませんが、初回登録から1ヶ月間無料でお試しできるのでまずは一度利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめのポイント

・配信楽曲数9,000万曲以上の豊富なラインナップ
・ロスレス・空間オーディオも聴ける
・音楽以外のコンテンツも充実

2位:Spotify

Spotifyは国内外で1億人以上の利用者がいる大規模な定額制音楽ストリーミングサービスです。
プレイリストやレコメンド機能が非常に充実しており、自分の好みに合った音楽をすぐに見つけやすいという点がSpotifyの魅力になります。
有料プランの会員なら、気に入ったプレイリストはダウンロードしてオフライン再生をすることもできます。また様々なジャンルのポッドキャストもオフラインでダウンロードして持ち歩く事も可能です。

Spotifyのダウンロード機能を使うには月額980円の有料プランに登録しなければなりませんが、全ての機能が利用できるようになる上に広告も表示されなくなるので損はありません。
もちろん無料プランもあるので、まずは使い勝手を試すことも可能です。

おすすめのポイント

・世界で有料会員数1億人以上
・無料プランあり
・30億以上の豊富なプレイリスト

3位:Amazon Music Unlimited

Amazon Music Unlimitedは、大手通販サイトのAmazonが提供している定額制音楽ストリーミングサービスです。
通常の個人プランは月額980円ですが、プライム会員に登録している人なら月額880円とお得なプランもあります。
また、Amazon Music Unlimitedの有料会員なら解像度の高いクリアな音質のAmazon Music HDも追加料金無しで楽しむことが可能です。
Amazon Music HDで配信されている音楽もダウンロードしてオフライン再生ができます。

オフライン再生機能は有料会員しか使えない機能ですが、まずは無料プランのAmazon Music Freeでトライアルしてみることもできます。

おすすめのポイント

・配信楽曲数9,000万曲以上
・無料プランあり
・Amazonプライム会員ならさらにお得

4位:YouTube Music

YouTube Musicは世界最大の動画配信プラットフォームのYouTubeが提供している音楽アプリです。
YouTube上にある様々な動画コンテンツをもとにした音楽を楽しむことができ、ユーザーの好みに合った楽曲やアーティストを提案してくれるので優秀です。
有料プランに登録すればオフライン再生も可能になるので、外出先でも思う存分好きな音楽を楽しむことができます。
もちろん音楽だけではなくミュージックビデオやYouTube Musicで配信されている動画コンテンツもオフライン再生が可能です。

おすすめのポイント

・豊富なコンテンツ
・高度な検索機能
・有料プランならオフライン再生可能

5位:LINE MUSIC

LINE MUSICはコミュニケーションアプリのLINEが提供する2015年に始まった定額制音楽ストリーミングサービスです。配信楽曲数は9,000万曲以上と豊富で、特に国内アーティストの楽曲が充実しています。
LINEとの連携がスムーズで、「LINE 着うた®」や「BGM」などのコンテンツを一緒に利用することが可能です。
無料会員は30秒しか楽曲を視聴できませんが、有料会員になればフル再生ができ、さらにオフライン再生もできるようになります。
オフライン再生でもカラオケ採点機能が使えるので、外出先でもモバイルデータ通信を使うことなくカラオケをお楽しみいただけます。

おすすめのポイント

・無料プランでお試し可能
・LINE MUSIC限定配信の曲が聴ける
・LINEと連携したコンテンツが利用できる

6位:AWA

AWAはなんと1億曲以上の楽曲が定額で聴き放題の音楽アプリです。配信楽曲数は数ある音楽アプリの中でもトップクラスです。
「ラウンジ機能」という他のユーザーとの交流やアーティスト本人の公式ラウンジイベントが楽しめるAWAにしかない機能も利用できます。
さらに、AWAでは通常のキーワード検索に加えて画像や音から目当ての楽曲を探すこともできるので音楽との出会いの場が広がります。
AWAも有料のSTANDARD会員ならオフライン再生ができますが、ダウンロードしてから7日以内に一度インターネットに接続しないと曲が再生できなくなってしまうので注意しましょう。

おすすめのポイント

・配信楽曲数1億曲以上
・音や画像でも楽曲を検索できる
・AWA独自の機能「ラウンジ機能」が使える

7位:KKBOX

KKBOXは台湾発祥の定額制音楽ストリーミングサービスです。特に中国圏のC-POPや韓国のK-POPの楽曲が豊富に揃っている音楽アプリになります。
無料会員は楽曲の再生は30秒まででオフライン再生も利用することができませんが、有料会員になると曲のダウンロードが可能になり、広告無しで9,000万曲以上のすべての楽曲をフル再生することができます。
KKBOXでは他ユーザーの公開しているオンラインDJ、アーティストのライブ生中継なども楽しむことができ、普通に音楽を聴くだけでは物足りないという方でも満足できる音楽アプリです。

おすすめのポイント

・アジア圏の音楽に強い
・オンラインDJ、ライブ生中継など充実したコンテンツ

8位:Rakuten Music

Rakuten Musicは楽天株式会社が運営している定額制音楽ストリーミングサービスです。
楽天IDを持っている方であれば改めて会員登録をする必要がなく、楽天ポイントも貯まるので楽天ユーザーには魅力的な音楽アプリです。
オフライン再生はお使いのデバイスの空き容量に応じて最大2,000曲までダウンロードすることができます。
一般の月額料金は980円ですが、楽天カードもしくは楽天モバイルの契約者であれば780円というお得な値段で利用することが可能です。

おすすめのポイント

・最新の邦楽が充実している
・利用しただけ楽天ポイントが貯まる

9位:dヒッツ

dヒッツはNTTドコモとレコチョクが提供している定額制音楽ストリーミングサービスです。ドコモに契約していなくても利用することができます。
dヒッツでは特定の楽曲を指定して再生することはできませんが、6,000を超えるプレイリストの中からお好きなものを選んでBGMの代わりに流すことが可能です。
オフライン再生は550円プランのみで、月10曲までのダウンロードという制限がついているので注意しましょう。

おすすめのポイント

・6,000以上の豊富なプレイリスト
・月額330円から利用できる
・無料プランあり

10位:うたパス

うたパスはauが手掛けている定額制音楽配信サービスです。auIDさえ持っていれば、auに契約していなくても利用することができます。
音楽以外にもインターネットラジオを聴くことができ、中でも人気アーティストがパーソナリティーの「Backstage Café」はうたパスでしか聴けないオリジナルコンテンツとなっています。
無料プランもありますが、オフライン再生に対応しているのは月額550円の「聴き放題プランMyうたプラス」と月額980円の「聴き放題プランオンデマンド」のみです。

おすすめのポイント

・10,000以上のプレイリストが聴ける
・うたパスでしか聴けないラジオ番組が楽しめる
・ライブやミュージックビデオを360°VR映像で見れる

11位:TOWER RECORDS MUSIC

TOWER RECORDS MUSICは大手CDショップのタワーレコードとレコチョクが共同で運営している聴き放題の音楽アプリです。
タワーレコード全店舗バイヤーによって厳選された楽曲を集めた「タワレコメン」やアーティストとのトークプログラムなど、ここでしか楽しめないコンテンツが充実しているのがTOWER RECORDS MUSICの特長となっています。
オフライン再生は有料の「スタンダードプラン」で利用することが可能です。

おすすめのポイント

・国内最大級の邦楽配信サービス
・オリジナルコンテンツが楽しめる

12位:ANiUTa

ANiUTa(アニュータ)は、世界初のアニソン特化型音楽定額配信サービスです。月額600円と比較的お得な料金で8万曲以上のアニソンを聴くことができます。
ボーカロイドやアニメが好きな方、ゲーム音楽をよく聴くという方にはぴったりの音楽アプリです。
ANiUTaにはダウンロード機能はありませんが、一度再生した楽曲をキャッシュに保存してオフライン再生をすることができます。デフォルト設定ではキャッシュ容量が1GBまでになっているものの、設定から保存できる容量を増やすことが可能です。

おすすめのポイント

・アニソンに特化した音楽アプリ
・月額600円で利用できる

違法音楽アプリに注意しよう

音楽アプリを利用する際は必ず先ほどご紹介したような合法の音楽アプリを選ぶようにしましょう。
いくらオフライン再生ができる音楽アプリであっても、違法アップロードされている音楽を聴くとデメリットしかありません。

アーティストの収益にならない

合法の音楽アプリであれば必ずアーティスト側に聴いたぶんだけ収益化される仕組みになっていますが、違法音楽アプリは広告収入を得るために運営しているのでアーティストには1円も入りません。
アーティストにも失礼な行為ですし、違法音楽アプリが横行してアーティストの収益が下がると活動をストップせざるを得ない状況になってしまう可能性もあるので絶対にやめましょう。

ウイルスに感染する恐れがある

違法音楽アプリには個人情報を流出させる恐れのあるウイルスが仕組まれていることもあるので、ダウンロードしないようにしましょう。
自分の安全を守るためにも安心な合法音楽アプリの利用を強くおすすめします。

ユーザーも罪に問われる可能性がある

違法アップロードされた曲と知りながらダウンロードしてしまうと、法律でユーザー側も罪に問われてしまう可能性があります。
有罪になると著作権法により「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が科されます。

よくある質問

?

無料の音楽アプリでもオフライン機能は使える?

どの音楽アプリでも無料プランではオフライン機能を使うことができません。オフライン機能を使いたい場合は月額料金を支払って有料プランに登録しましょう。多くの音楽アプリが1ヶ月〜3ヶ月の無料トライアル期間を設けているので、まずはそちらでオフライン機能の使い勝手を試すことも可能です。

?

オフラインって本当に通信量がかからないの?

オフライン再生機能はデバイスにあらかじめダウンロードされている楽曲しか再生できないため、通信量をまったくかけずに音楽を聴くことができます。そのため、通信制限がかかっていたりインターネットが使えない場所でストリーミング再生ができない際でもオフライン再生ならいつでもどこでも楽曲を再生可能です。