HOW TO 使い方
DIGLE digle
Spotify spotify
Apple Music apple music

Spotifyの使い方 − 登録や基本機能、各プランの違い、他社サービスとの比較まで徹底解説!


Spotifyでどんなことができるのか

Spotifyの使い方を解説する前に、あらためてSpotifyについて説明します。このサービスの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

・4000万曲が無料で聴き放題!
スマートフォン、タブレット、PC、ゲーム機などを使って、インターネット経由で音楽を聴くことができます。世界最大級のサービスだけあって、配信楽曲数は4000万曲! これが聴き放題です。

Spotifyには「Spotify Premium」と呼ばれる有料プランと「Spotify Free」と呼ばれる無料プランがあります(2つのプランの詳細はあとで解説します)が、無料プランでも聴ける曲に制限はありません。サービスに登録してアプリをインストールするだけで、4000万曲が聴き放題なのです。これってなかなかすごいことだと思いませんか?

・世界中の人が作ったプレイリストが使える
4000万曲もあるので、「どの曲を聞いたらいいか分からない」という人もいると思いますが、心配はいりません。Spotifyには世界中の人が作った「プレイリスト」があり、それぞれのテーマに合わせて曲がまとめられています。アーティストごとのリストはもちろん、「ドライブ中に聞く曲」、「お風呂の中で聴く曲」、「ランニング中に聴く曲」など、シチュエーションに合わせたリストもありますので、そのときの気分で簡単に曲を選ぶことができます。

・自分の好きな曲をAIが学習してプレイリストを作ってくれる
さらに、SpotifyにはAI(人工知能)によって、ユーザーの曲の好みを学習する機能があります。毎日音楽を聴いているうちにAIが好みの傾向をつかみ、その傾向にあった曲を自動的にレコメンドしてくれるようになるのです。

・自分でプレイリストが作れる!
もちろん、自分でオリジナルのプレイリストを作ることもできます。完全に自分用として作るもよし、公開してみんなに使ってもらうもよし。プレイリストの使い方については別の記事で紹介していますので、この記事の一番下にあるリンクからどうぞ。


Spotifyの始め方

それでは、ここからはスマートフォンでSpotifyを始めるときの手順を解説します。

大まかな流れは以下の通りです。

(1)SpotifyのアプリをApp StoreもしくはGoogle Play Storeから「Spotify」のアプリをダウンロードする
(2)Spotifyのアプリを起動し、会員登録する

たったこれだけです。

それでは1つずつやっていきましょう!

※この記事では、iPhone8を使用して解説しています。Android端末などでは、一部表記などに違いがある場合がありますのでご了承ください

まずはアプリをダウンロードし、スマートフォンにインストールします。OSに合わせて該当するリンクからダウンロードページへ進み、アプリをダウンロードしてください。

iOS(iPhone)

App Storeからダウンロード

Android

Google Play で手に入れよう

ダウンロード後、アプリは自動でスマートフォンにインストールされます。

インストールが終わったら、ホーム画面に「Spotify」のアイコンができていますので、それをタップしましょう。

すると、Spotifyのアプリが起動します。

今回は一番上の「無料サインアップ」から会員登録してみましょう。(Facebookアカウントがある人は2番目の「FACEBOOKでログイン」も使用できます)

メールアドレスやパスワードを入力します。

生年月日と性別を入力します

プロフィール用の名前(ニックネーム)を入力します。

次に、自分が好きなアーティストを選びます。あまり深く考えずに、よく聴くアーティストを選ぶだけでOKです。
以上で、使うための準備は終了です。これでFreeプランが使えるようになりました!


無料プランの基本的な使い方

次に無料プランで使える機能を解説していきます。
まずは「HOME」画面が開きますので、この画面を使って音楽を聴いてみましょう。

音楽を聴くのは簡単です。まずはホーム画面にあるプレイリストから好きなものを選んでタップしてみましょう。


プレイリストの詳細画面が開きます。Freeプランでは再生は「シャッフルプレイ」のみ選択できます。これを押してみましょう。

音楽が再生されました。プレイリストの曲がシャッフルされて流れます。なお、曲のスキップはできますが、時間ごとに回数制限がありますので注意してください。

また、Freeプランでは再生中に、おすすめの曲(プレイリスト内の曲とは異なる曲)が流れたり、音声による広告が流れたりします。

なお、さきほどの下部に出ている帯を押すと、その曲の詳細画面を開くことができます。さらに、ここで

ジャケット部分をタップすると……

歌詞を見ることができます。

ちゃんと曲に合わせて歌詞も進んでいくので目で追いやすいです。カラオケの練習がしたい人にとっても便利ですね!

次に、「Home」以外の画面も使ってみます。まずは「Browse」から。下のメニューにあるので押してみましょう。

この画面では、さまざまな切り口でプレイリストを選ぶことができます。

チャートでは、よく聴かれている音楽だけを集めた「トップ50」が選べます。


ニューリリースでは、最近リリースされた曲を聴くことができます。

邦楽が多くリリースされる水曜日には、新譜をまとめたプレイリスト「New Music Wednesday」も更新されます。

「Browse」では、他にもジャンルや気分別にプレイリストが整理されているので、好きなものを選んで聴いてみましょう。
次に「Search」を使ってみましょう。さきほどと同じように下のメニューから選んでみましょう。

この画面では検索をすることができます。一番上にあるフォームに検索ワードを入れれば、アーティスト名や曲名はもちろん、プレイリスト名で検索もできるので、例えば「ドライブ」と検索すると

ドライブに適したプレイリストを絞り込むこともできます。
他にも、ちょっと変わったところでは「落語」で検索すると

落語の一覧を出すこともできます。こうやって、いろいろと検索ワードを変えながら、自分の好きなプレイリストを探し出してみてください。


次に、「Radio」を使ってみましょう。下のメニューから選びます。

「Radio」となっていますが、ラジオが流れるわけではありません。ここでは、個々の曲に対して好きかそうでないか評価していくことで、自分の好みにあった「ステーション」を作ってくれます。ステーションはプレイリストと似ていますが、自動で曲を選びながら、音楽をエンドレスで流し続けることができます。

まずは「ステーションを作成」のところに好きなキーワードを入れてみるといいでしょう。

もしくは、Radioの下のほうにはジャンル別ステーションがあるのでここから選ぶこともできます。

ステーションを選ぶと音楽が流れ始めます。このとき、曲の詳細画面を開いてみましょう。

詳細画面では、再生ボタンなどの右に「好き」ボタン、左に「嫌い(好きではない)」ボタンがあります。それぞれの曲について評価していきましょう。これを繰り返すことで、Spotifyが好みを学習してくれます。そうやって、自分の好きな曲だけ流れるようにしていくことができます。

次に「MyLibrary」を使ってみましょう。

ここでは、自分がお気に入りに入れたアーティストや曲、フォローもしくは自作したプレイリスト、ステーションなどを呼び出すことができます。いつも聴く曲を簡単に探し出すことができます。
また、この画面の右上からは設定変更画面にいくこともでき、音質などを変更できます。細かく設定したい人は使うといいでしょう。

Spotify Freeの基本的な使い方は以上です。これだけの機能が無料でもすべて使えるようになっています。


FreeプランとPremium(有料プラン)の違い

FreeプランでもこれだけのことができるSpotifyですが、有料のPremiumプランに登録すると、さらに便利に使えるようになります。

「Premium」といっても、月額980円です。しかも、お試ししたい人のために、最初の3カ月はわずか100円で利用できるようになっています(記事執筆時点の情報です)。さらに、学生(大学生、専門学生)であれば、学生割引があり、Premiumのサービスが月額料金半額で使えます!

それでは簡単に2つのプランを比較してみましょう。

Premiumプランでの大きな違いとして、
・シャッフルプレイだけでなく、自由な順番で好きな音楽を聴ける。スキップの制限なし
・再生時に広告が入らない
・「最高音質」で聴くことができるようになる
・楽曲をダウンロードしてオフラインで再生できるようになる
の4点があげられます。

では、FreeプランとPremiumプラン、どちらを選べばいいのでしょうか。
Premiumプランのほうが細かく音楽を指定して聴くことができるうえに広告もなくなり、さらに音質も上がります。好きな音楽を好きなときに聴きたいという人は、Premiumプランにしたほうが絶対に満足できるでしょう。
一方で、ラジオのように、作業用のBGMとして流し続けられればいいという人であればFreeプランでも十分だと思います。Freeプランでも聴ける楽曲数に制限がかかるわけではありませんし、上で解説した基本的な機能はすべて使えます。
自分の音楽スタイルに合わせてプランを選ぶといいでしょう。
その他にPremiumプランを選ぶ理由としては、曲をダウンロードして通信量を節約できる点があげられます。詳しくは以下の記事で解説していますので、通信量が気になる方はご覧ください。

【通信量記事へリンク】


Premiumプランの登録方法

ここまで読んで「Premiumプランに登録してみようかな」と思った人のために、登録方法を解説します。なお、さきほども書いた通り、最初の3カ月間をわずか100円で使うことができます(記事執筆時点)ので、使うか迷っているなら試しに使ってみるのもアリでしょう。Premiumプランの登録はアプリからはできません。ブラウザを使ってSpotifyのサイトに行きましょう。

Spotify公式サイト

Spotify公式サイトのトップページの右上にあるメニューボタンを押します。

すると、その中にログインボタンがあるのでタップします。

ログイン画面が出たらアプリを最初に起動したときに登録したメールアドレスとパスワードを入れてログイン(もしくはFACEBOOKアカウントでログイン)します。

ログイン後、プルダウンメニューが出ます。開いて「定期購入」のボタンを選びましょう。
その後出る画面では「PREMIUMを無料で試す」ボタンを押しましょう。ちなみに、以前は無料トライアルがありましたが、現在はありません…(記事執筆時点)。
ボタンを押すと支払方法を選択する画面に移ります。

複数の支払い方法から選べますが、最初の3カ月を100円にするためには「クレジットカード」「キャリア決済」「Paypal」を選ぶ必要があります。その他の支払い方法の場合は初月から980円となりますので注意してください。

利用する支払方法に従って情報を入力していき、登録が完了するとPremiumサービスの利用開始となります。
登録できたらアプリを起動し、設定画面からアカウントを確認してみましょう。

種別が「PREMIUM」になっていれば無事登録完了です。

これでSpotifyのすべての機能が使えるようになりました!

それでは、試しにシャッフルプレイを解除してみましょう。

これまで強制的にシャッフルプレイになっていましたが、左のボタンが押せるようになっているのでタップすると

シャッフルが解除され、順番通り再生できるようになりました。

また、プレイリストの特定の曲だけ聴いたり、逆にリストから特定の曲だけ除いたりもできるようになりました。これで好きな曲を好きなときに好きなだけ聴けますよ!

Freeプランと比べて格段に自由度が上がるので、自分ならではの楽しみ方を見つけていきましょう!


AppleMusicなど他のサービスとの比較

なお、音楽ストリーミングサービスは「Spotify」以外にもいくつかあります。有名なところでは「Apple Music」「Amazon Music Unlimited」「Google Play Music」「LINE MUSIC」「AWA」などがあります。それぞれの違いはどのあたりなのか、比較してみました。

金額面や楽曲数などでは特に大きな差はありません。現在はほぼ横並びの状況です。各社とも登録すると最初の1~3カ月は無料、もしくは格安で有料プランを使えるので、それぞれを使ってみて自分に合うものを探すのもいいでしょう。

ただ、Spotifyは無料でも時間や楽曲の制限なく使い続けることができるので、どれを使えばいいか分からないという人はまずはSpotifyを使ってみるのがいいのではないかと思います。


まとめ

ここまで、Spotifyの登録方法や使い方、各プランの違いなどについて一通り説明してきました。

無料でも十分に音楽を楽しめて、さらにPremiumプランになると、あなたの音楽ライフを劇的に変えてくれます。音楽好きなら必携のアプリといえるでしょう。気になる人はぜひ試しに使ってみることをおすすめします。

Spotifyをもっと知りたい人のために、「配信されているアーティストについて」「プレイリストの楽しみ方」「通信量を節約する方法」などをそれぞれ別の記事で解説しています。興味がある人はぜひこちらも合わせてご覧ください。

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る
INDEX
CLOSE