YouTube Musicの無料プランのメインビジュアル
HOWTO

YouTube Musicの無料プランとは?できることや有料プランとの違いまとめ

YouTube Musicには無料で利用できるプランがあります。無料でもフル再生が可能で、プレイリスト作成などの機能も使うことができます。今回はYouTube Musicの無料プランと有料プランの違いや、無料プランでできることをご紹介します。

YouTube Musicとは?

YouTube Musicは、動画共有サイトのYouTubeが提供する定額制音楽ストリーミングサービスです。
8,000万曲以上の公式配信楽曲に加えて、カバー曲やライブ映像などYouTubeにアップロードされている非公式動画の音源も楽しむことができます。
YouTube Musicは検索機能が特に優れていて、歌詞のワンフレーズや「車 CM曲」など関連するキーワードを入力するだけでも目当ての楽曲が探せるのでとても便利です。

YouTube Musicの無料プランと有料プランの違い

YouTube Musicには無料プランと有料プランがあり、無料プランにはいくつかの制限があります。
ここでは、YouTube Musicの無料プランと有料プランの違いをご説明します。

無料プランプレミアムプラン(有料プラン)
月額料金無料・iPhone: 1,280円(個人)
・Android /Web: 980円(個人)
・iPhone: 1,950円(ファミリー)
・Android /Web: 1,480円(ファミリー)
・Android /Web: 480円(学生)
フル再生
オフライン再生
バックグラウンド再生
歌詞表示
プレイリスト作成
広告ありなし
音楽と動画の切り替え
楽曲の評価

オフライン再生ができない

YouTube Musicの無料プランだとオフライン再生機能が使えません。オフライン再生とは、楽曲をデバイスにダウンロードして一時保存し、インターネットに接続しなくても音楽が再生できる機能のことです。
ダウンロードしておけば外出先などモバイルデータ回線しか使えない時でも通信量を節約できますが、無料プランはオフライン再生ができないので、なるべくWi-Fiがある環境で音楽を聴くようにしましょう。

バックグラウンド再生ができない

バックグラウンド再生とは、YouTube Musicのアプリを閉じたりデバイスをロックしたままでも音楽が再生できる機能のことです。しかし、無料プランだとバックグラウンド再生ができません。
そのため、無料プランで音楽を聴く場合は常にYouTube Musicのアプリの画面を開いたままにしておかなければなりません。

広告が入る

YouTube Musicの無料プランは曲の間や曲を再生した時に動画広告が入ります。
広告が鬱陶しいと思う場合は有料のプレミアムプランにアップグレードする事をオススメします。

音楽と動画の切り替えができない

YouTube Musicの有料プランだと音楽のみとミュージックビデオをボタンひとつでシームレスに切り替えができますが、無料プランはできません。
ただ、ミュージックビデオはYouTubeでも視聴できるため、YouTube Musicで視聴できなくてもあまり気にしなくていいでしょう。

YouTube Musicの無料プランでできること

次は、YouTube Musicの無料プランの範囲内でできることをご紹介します。

フル再生

YouTube Musicの無料プランでも配信されている楽曲はすべてフルで聴くことができます。
さらに聴きたい楽曲をピンポイントで選曲することも可能ですし、プレイリストやアルバムをシャッフル再生することも可能です。

歌詞表示

YouTube Musicで歌詞表示に対応している楽曲は歌詞を見ることもできます。
歌詞表示させたい楽曲の再生ページで画面下の「歌詞」を選択します。

YouTube Musicの再生画面で「歌詞」を選択している画像

すると歌詞が全画面で表示されます。

歌詞が表示された画面

プレイリスト作成

無料プランでもお気に入りの楽曲を集めて自分だけのプレイリストを作成することが可能です。
「ランニング中に聴く曲」や「のんびりしたい時に聴く曲」などムード・シチュエーション別にプレイリストを作れば音楽の楽しみ方は広がります。

プレイリストに追加したい楽曲が見つかったら再生画面右上の「︙」を選択しましょう。

YouTube Musicの再生画面で「︙」を選択している画像

「プレイリストに追加」を選択します。

「プレイリストに追加」を選択している画像

既に作成済みのプレイリストを選択して追加するか、新規作成する場合は「+新しいプレイリスト」を選択します。

プレイリストの追加先を選択する画面

新しいプレイリストのタイトルと説明、プライバシー設定を入力して「作成」を選択したら完了です。

新しいプレイリストの設定をする画面

楽曲の評価

楽曲に「いいね」や「よくないね」ボタンで評価をすることでYouTube Musicがユーザーの好みを分析し、最適な音楽をレコメンドしてくれるようになります。
楽曲の評価は再生ページの右端の「いいね」ボタンと左端の「よくないね」ボタンから行うことが可能です。

YouTube Musicで楽曲の評価ボタンを選択している画像

手持ちの曲のアップロード

YouTube MusicはCDから取り込んだ曲や他の音楽配信サイトで購入した曲など手持ちの音源をアップロードしてライブラリに追加することができます。
アップロードした楽曲なら無料プランでも端末にダウンロードしてオフライン再生することができますし、プレイリストに追加することも可能です。
ただし、YouTube Musicアプリからは楽曲をアップロードできないので、スマホかパソコンのブラウザから行う必要があります。

他の音楽ストリーミングサービスの無料プラン比較

無料で利用できるプランがある音楽ストリーミングサービスはYouTube Musicの他にもSpotifyやAmazon Music Freeなどがあります。
以下の表でそれぞれのサービスの無料プランを比較してみましょう。

YouTube MusicSpotifyAmazon Music FreeLINE MUSICAWA
楽曲数非公表8,200万曲非公表9,000万曲9,500万曲
バックグラウンド再生
歌詞表示
プレイリスト作成
フル再生各曲30秒のみ各曲30秒のみ
選曲
広告ありありありなしなし
スキップ1時間に6回まで1時間に6回まで

他の音楽ストリーミングサービスの無料プランと比べると、YouTube Musicの無料プランはできることが多い印象です。
バックグラウンド再生ができないことと広告の邪魔が入ること以外は使いやすいサービスであると言えるでしょう。
いずれのサービスも無料プランならお金を払わずに利用できるので、まずは気になるサービスの使い心地を試してみるのも一つの手です。

YouTube Musicの無料プラン|まとめ

YouTube Musicには通常の有料プランだけではなく、無料で使えるプランもあります。
無料プランだと広告が入る、オフライン再生やバックグラウンド再生ができないなどの制限はあるものの全ての楽曲をフルで聴くことが可能です。
YouTube Musicはレコメンド機能がわかりやすいので、新しい音楽を探したい際にぴったりのサービスだと思います。
また、Wi-Fiがある自宅で作業用BGMとして音楽を流したい際にも気軽に利用できるので、ぜひ一度YouTube Musicの無料プランを試してみてはいかがでしょうか。