HOW TO 使い方
DIGLE digle
Spotify spotify
Apple Music apple music

INDEX

目次

  • ※随時追加予定

Spotify Premium(有料プラン)解約方法は?アカウントの削除方法と併せて紹介

Spotify有料プラン(3ヶ月トライアルプラン含む)を解約して無料プランに変更したい、Spotify全プランから退会しアカウントを削除したい方へ向けて、Spotify Premium(有料プラン)の解約方法と、Spotifyからアカウントを削除する方法の2つを解説しています。

今回は『SpotifyのPreiumプランを契約したけど無料のFreeプランで十分楽しめる』という方へSpotify有料プラン(Premium)の解約方法、そして『Spotifyに登録したけど、あまり使わないからやっぱり退会したい』や『他の定額制音楽配信サービスに変更したい』と考えている方へSpotifyアカウントを削除する方法を解説していきます。


有料プラン「Spotify Premium」の解約方法

有料プラン「Spotify Premium」を解約すると、無料プラン「Spotify Free」へ移行します。有料プラン(Premium)を解約する前に、有料プラン(Premium)と無料プラン(Free)の違いをもう一度振り返っておきましょう!

有料プラン(Premium)と無料プラン(Free)の違い

Premium Free
料金 980円/月
(登録直後は3カ月で100円)
無料
再生方法 好きな曲を再生できる
順番通りの再生も可能
シャッフルプレイのみ
音声広告 なし あり
音質 最高音質が選択可能 高音質までしか選べない
オフライン再生 可能 不可

有料プラン(Premium)の大きな違いとして、
・シャッフルプレイだけでなく、自由な順番で好きな音楽を聴ける。スキップの制限なし
・再生時に広告が入らない
・「最高音質」で聴くことができるようになる
・楽曲をダウンロードしてオフラインで再生できるようになる
の4点があげられます。

有料プラン(Premium)のほうが細かく音楽を指定して聴くことができるうえに広告が入ることもないのでストレスなく音楽を楽しむことができます。さらにダウンロード機能とオフライン再生機能が付くのでWi-Fi環境がなくても通信量を気にせず音楽を聴くことができます。また高音質再生が可能なのも有料プラン(Premium)のみ。音質にもこだわりたいという方は有料プラン(Premium)を継続することをオススメします。

それでは有料プラン「Spotify Premium」の解約手続きの解説をしていきます。

有料プラン「Spotify Premium」を解約する前の注意点
(1)有料プラン「Spotify Premium」を解約後、無料プラン「Spotify Free」へ移行します。アカウントが削除されるわけではありません。
(2)Spotifyアプリを削除しても有料プラン「Spotify Premium」は解約されません。これから説明する解約の手続きを必ず行ってください。
(3)有料プラン「Spotify Premium」の解約手続きはSpotifyアプリからは操作できません。インターネット環境をご準備ください。

まずSpotifyにログインします。

スマートフォンから操作する場合は右上のツールバー、PCから操作する場合は右上に表示される「プロフィール」をクリックし「アカウント」を選択します。

スマートフォンから操作する場合は「料金プランを確認」を選択、PCから操作する場合は「定期購入」をクリックします。

「変更もしくはキャンセル」をクリックします。

「プレミアムをキャンセル」をクリックします。

「はい、キャンセルします」をクリックします。

残りのプレミアム期間終了後に無料プラン「Spotify Free」に移行します。無料プラン「Spotify Free」に戻る日付はアカウント情報で確認することができます。

また「やっぱり有料のプレミアムプランのほうが良かった」という方は再び「Spotify Premium」にアップグレードすることも可能です。

DIGLE MAGAZINEでは無料プラン「Spotify Free」の使い方も紹介しています。無料のFreeプランで思いっきり楽しみたいという方はぜひチェックしてください。


Spotifyアカウントを削除する方法

Spotifyアカウントを削除する前の注意点

(1)一度アカウントを削除すると、同じメールアドレスで再登録することができません。
(2)ユーザー名をSpotifyで再使用できません。
(3)保存した音楽やプレイリスト、自作のプレイリスト、フォロワーの復元ができません。
(4)無料で楽しめる4000万曲以上の音楽をキープできません。
(5)アカウント削除の手続きはSpotifyアプリからは操作できません。インターネット環境をご準備ください。

まずSpotifyカスタマーサポートにアクセスします。

メニューのなかから「アカウント」をクリックします。

「アカウントを完全に閉鎖したい」をクリックします。

「アカウントを閉鎖する」をクリックすれば、Spotifyからアカウントは削除されました。

DIGLE MAGAZINEでは「Apple Music」「Amazon Music Unlimited」「Google Play Music」「LINE MUSIC」「AWA」など「Spotify」の音楽ストリーミングサービスとの比較をまとめています。他の音楽ストリーミングサービスも気になっているという方はこちらをご覧ください。

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

NEW ARRIVAL

最新記事

『2018年ベストトラック』Bearwear・Kazmaセレクト カネコアヤノ、すばらしかなど|12月連載2/4

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。12月のテーマは『2018年ベストトラック』!Bearwearのメンバーが週替りにセレクト。今週はVo&LyricのKazmaさん。

【今週の新曲】荒田洸、JABBERLOOP、Sakiko OsawaなどSpotify選出新曲プレイリスト|New Music Wednesday – 18/12/12配信

毎週水曜日にSpotify Japanのセレクター陣が何万曲の中から今週の邦楽・洋楽をまとめた新曲プレイリストNew Music Wednesday。12月2週のNMWのカバーは、DAOKO。

『2018年を振り返る』arko lemming・有島コレスケがセレクト ドレスコーズ、Maison Book Girlなど|12月連載1/3

毎週更新のプレイリスト連載企画。12月は2018年を総括してトラックをセレクト。arko lemming・有島コレスケさんが『2018を振り返る』プレイリストで今年1年の振り返りを3週に渡ってお届けします。

AmPmが今聴きたい日本のアーティスト楽曲を集めた『AmPm Thinking「極月」』|毎日プレイリスト

DIGLE MAGAZINE編集部がオススメSpotifyプレイリストを毎日お届け。AmPmが今聴きたい日本のアーティスト楽曲を集めたSpotifyプレイリスト『AmPm Thinking「極月」』をご紹介。

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング、1位に宇多田ヒカル、ピックアップにフレデリック

再生数の上昇率で人気ランキングが決まるSpotify Japan 急上昇チャートの12月10日(月) 分を紹介。ランクインしている曲から宇多田ヒカル、フレデリックをピックアップ。

the future magazineが復刊 ヨギー、PAELLAS、栁俊太郎など貴重な過去インタビューも再公開

15年1月にスタートし、16年7月の更新を最後に休止していたwebマガジン『the future magazine』がDIGLE MAGAZINE内で復活することとなった。当時公開されていた記事も再公開され、1月からは新たな記事コンテンツが展開される。

栁 俊太郎/東京のプリンスたち01 〜Behind the scene〜【Archive】|the future magazine

役者やモデルとして活躍する柳俊太郎の撮影を行ったのは海辺の見える工業地帯だった。東京の外れまで向かう小さなバンの中で東京への憧れについて、地元を思い出しながら、上京までのヒストリーとカルチャーへの憧れなどについて口数少なにぽつらぽつらと正直な言葉を語ってくれた。奇しくも誕生日前日ということもあって、いろいろな話がこぼれた。

「よく分からない人で終わりたくない」 綿めぐみに芽生えた表現者としての自覚【Archive】|the future magazine

プロデュースにTOKYO RECORDINGSが主宰を務める小袋成彬。その彼の語り部として機能していた綿めぐみという存在について。以来音楽活動を中止した彼女の貴重なインタビューとなった。

ANANがPAELLASにおける自分の役割を理解しつつあると語る理由【Archive】|the future magazine

2016年当時、PAELLASというバンドでの方向性を模索していた主に作曲を手がけるANAN氏とボーカルのMATTON氏。never young beachが躍進するなか、自分たちがなにができるか方向性を模索していたその渦中にいる彼らにじっくり話を聞いた。前後編の2回に分けて記事を届ける。

「ずっと負け続けてきたけど、ようやく光が見えてきた」Mattonが語るPAELLAS結成6年目の自負と覚悟【Archive】|the future magazine

2016年当時、PAELLASというバンドでの方向性を模索していた主に作曲を手がけるANAN氏とボーカルのMATTON氏。never young beachが躍進するなか、自分たちがなにができるか方向性を模索していたその渦中にいる彼らにじっくり話を聞いた。前後編の2回に分けて記事を届ける。

To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

『PARAISO』をリリースして1年。今では2ndアルバム『WAVES』をリリースし、メジャーへの遺跡も果たし押しも押されぬ存在となった彼ら。逃避的なアルバムをリリースした後、次の一手を探す渦中でありながら、既に自分の目指すべき場所・音楽家として成すべき行為はこのとき既に見えていたのかもしれない。

「信じられない未来はやってくる」と、スペインの少女が語る理由【Archive】|the future magazine

10代で直情的な音楽を奏でる彼女たちの動画を見て気に入り、スカイプインタビューをしたスペインのガレージバンドMOURNたち。今彼女たちは変わらずバルセロナを拠点に活動し、今年3rdアルバム『Sorpresa Familia』を完成させた。彼らは未だ来日はないが、いつも笑顔はじける活動の様子をSNSで見せてくれている。今度は差し向かいで話せる日を心待ちにしたいと思っている。

「敗北宣言」をした自分にしかできないこと【Archive】|the future magazine

2015年にフレンズを結成し、今や押しも押されもせぬ地位を得た関口塁。しかし当時彼は葛藤し、道に迷っていたのを覚えている。彼はインタビュー内で「自分にはカリスマ性はない」「ユースカルチャーの軸に離れない」と話していた。そんな現状認識を持ったからこそ、彼はフレンズー文字通り友達たちと一緒にーというバンドを組み、来年1月にはNHKホールでのライブが決まっている。

日本/海外の境界を越えて、最前線で音楽を鳴らすために【Archive】| the future magazine

今、ロンドンを拠点に世界で骨太な音を鳴らすDYGL。そして惜しくも活動休止となってしまったYkiki Beatの首謀者である秋山君。そして彼の友人であり、写真家と文章活動で活躍している菊池佑樹のインタビューはそんな日を夢見る2014年の10月頃行われた。ハロウィンブームで街が浮かれるなかで、彼らは『自分たち自身であろうとしましたね』と語っていたのがやけに印象に残っている。彼らはこのときに人生の答えを手にしていたのだ。

Emeraldら今週のRightsscale注目アーティストをチェック!|RADIO BONANZA

デジタルミュージック・ディストリビューターの老舗・Rightsscale(ライツスケール)のプレイリスト『Rightsscale presents RADIO BONANZA』。お馴染みのアーティストからニューカマーまで、注目度の高いインディーズアーティストが掲載されたプレイリストとなっています。そんなプレイリストから定期的に今チェックすべきアーティストをご紹介。今週はEmerald。

水辺を連想させる心地良いオススメ楽曲をDJチーム『SWIMS』が毎週セレクト。Shin Sakiura、Pastelなど

東京で注目を集めるパーティとのコラボ・プレイリスト連載企画。DJチーム『SWIMS』のメンバーが毎週水辺を連想させる、気持ちの良いオススメ楽曲を紹介してくれます。SWIMSの主宰であるU NGSMがセレクト。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

INDEX

目次

  • ※随時追加予定
INDEX
CLOSE