稀代の音楽家・小島裕規のクリエイティビティの源泉とYaffleとして目指す先とは | Music DNA #28

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。28回目は今年から海外コラボプロジェクト「Yaffle」をスタートさせた小島裕規。18年初めにベニー・シングスをボーカルに迎えた「Empty Room」を発表し、その圧倒的なクオリティに驚いた人も多いのではないだろうか。 彼は宇多田ヒカルとのコラボで注目を集めた小袋成彬と共にインディーズレコード会社「Tokyo Recordings」の主宰を務め、数々の優れた楽曲を多方面に提供し続けている今最も注目すべきクリエイターの1人。そんな彼に今までどういった経験を経て今に至ったのかを語ってもらいました。

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

PHOTOGRAPHER

碧遥南

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

碧遥南

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

RELATED ARTICLE

Interview

自由大学というコミュニティが示す未来について | Sound Location #002

Interview

エレクトロニカ・アーティストからロックバンド結成へ。カキモトナオが作る音楽の入り口 | Music DNA #018

Interview

邦楽と洋楽をシームレスに聴く時代。音楽シーンのこれからについて|Music DNA #005

Interview

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

Interview

身内ロックスター目指すWalkings。走らず、泥臭く、友達の輪を広げる狙いとは | Music DNA#21

Interview

音楽と生きてきたMISTAKESの考える男の美学|Music DNA#013

POPULAR

人気記事