Popular

浜崎あゆみファンが選ぶ人気10曲ランキング。最新「MY ALL」ほか「M」など人気曲紹介

浜崎あゆみ人気曲 / 10位〜7位

evolution / 浜崎あゆみ

2001年1月にリリースされた20枚目のシングルで、その後にリリースされた『A BEST 2』(2007年2月)などを含む数々のベストアルバムにも度々収録された楽曲です。シングル発売当時は、本人出演の化粧品メーカー・コーセー『VISSE』のCMソングとして起用され、2012年には沢尻エリカ主演の映画『ヘルタースケルター』のテーマソングとしても起用された事で、再度脚光を浴びました。作詞作曲共に本人が担当しており、オリコン初登場1位、累計売上95.5万枚以上を記録している代表楽曲です。

a song is born / 浜崎あゆみ

2001年12月リリース、浜崎あゆみglobeKEIKOのデュエットによるシングル。同年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件を受け、小室哲哉と松浦勝人が立ち上げたチャリティープロジェクト『songnation』の第1弾シングルとして作編曲を小室哲哉、作詞を浜崎あゆみが行い制作されました。別バージョンとして、2002年1月リリースの4枚目のアルバム『I am…』に浜崎あゆみのソロバージョン、2002年3月リリース『songnation2 trance』にトランスバージョン、及びglobeバージョンが収録されています。

Moments / 浜崎あゆみ

2004年3月にリリースされた32枚目のシングル「Moments」。コーセーのコスメブランド「VISÉE」CMソングに起用されました。サビで歌われる“鳥のようにはばたけるなら/君の元へ飛んでいくでしょう/そして傷を負ったその背に/僕の羽根を差し出すでしょう”と、この作品の2年後にリリースされるBLUE BIRDとも似た言い回し、浜崎あゆみの詞独自の世界観が印象に残ります。

A Song for ×× / 浜崎あゆみ

1999年1月1日リリース、浜崎あゆみ1枚目のアルバムにして、シングル、アルバム通して初の首位獲得作であり、初のミリオンセラー作品『A Song for ××』のリードトラック。浜崎あゆみを平成の歌姫の地位へ押し上げたきっかけとなり、J-POP史にも深く名を刻んだ代表作で、J-POPを語る上でも絶対に外せないターニングポイントたる作品です。孤独や苦痛を歌った詞が強烈な共感を呼び、圧倒的な支持を得ました。